ウォッチちゃんねる

腕時計に関するニュースや豆知識などの話題を取り上げている時計情報サイトです。国内外問わずさまざまなブランドをまとめています。その他にも、懐中時計や置時計など時計全般の情報を扱う時計総合ブログです。

腕時計や懐中時計など時計全般についてまとめている2ちゃんまとめです。

「金持ちは高級ブランドの長財布を使う」はウソ? 元CA「エリートの財布は二つ折り。エコノミークラスの客ほどブランド財布」

3


1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:16:25.19 ID:???0.net
ファーストクラス──。そこは、搭乗者のうちたった3%の人間しか立ち入ることのできない“知られざる世界”である。
そんな特別な空間で、真のビジネスエリートたちが見せる素顔とは……。
そして彼らにとってはごくごくあたり前の習慣、「気遣い」とは……。

よく、「お金持ちは、高級ブランドの長財布を使う」と言われているが、
日系、外資系航空会社のCA(キャビンアテンダント)として、ファーストクラスで数多くのVIP客へのサービスを
担当してきた美月あきこ氏はこれには疑問を感じるという。

「ファーストクラスの常連であるビジネスエリートの方々が多く使っていたのは、二つ折りのシンプルな財布です。
特定のブランドにこだわっている様子はなく、使いやすさ、スーツの内ポケットにスマートに入る大きさを重視
しているようでした。もちろん、財布がお札やカード類でパンパンになっていることはありませんでした」

財布がスッキリ薄いのは、現金を必要以上に持ち歩かず、カードで支払うスタイルが定着していることもあるだろうが、
ちまたに広がる「二つ折り財布(お金を折る)では、金持ちになれない」というジンクス(?)は、
ファーストクラスに乗る超一流ビジネスエリートたちには当てはまらないようである。

「ビジネスクラスやエコノミークラスほど、ブランドロゴが全面に刻まれた財布をお持ちの方が多いですね」

ビジネスクラスではとくに「頑張っている自分」を主張したがるビジネスマンが多いのだろうか。

使い切れないほどの機能がついたシステム手帳、分厚いブランド財布を持ち歩き、
つい「仕事ができるオレ」「経済的にも余裕があるオレ」をアピールしてしまうように思える。

仕事における酸いも甘いも経験し、ファーストクラスを利用するに至っている超一流のビジネスエリートたちにとっては、
もはや「人からどう見られるか、どう見せるか」よりも、「自分がどうなのか」にこだわりがあるのである。

美月氏によると、ファーストクラスの顧客がこだわりを見せるのは、むしろ財布よりも“靴”だと語る。
「靴は、いつもピカピカに磨かれています。リペアされ大事に使用されているのもわかります。
搭乗後、みなさんプリセットされているスリッパに履き替えられますが、脱いだ靴の置き方に見事に共通点がありました」

ビジネスエリートたちは、脱いだ靴をキレイに揃え、邪魔にならないよう、
人目につかないよう通路から遠い位置に置くのだそうだ。
「揃えて置くのは、日本人として躾けられたなら当然だ」と、思う人もいるだろう。
しかし、このマナーができていないビジネスマンは案外多いのも事実だ。

(中略)

「コートや上着も座席の背もたれにはかけず、CAがハンガーにかけやすいようにと、わざわざ向きを変えて持っていてくださったり、
渡してくださいます。クルーへの気配り同様、ご自身の衣類を大事になさる姿勢にいつも感心させられました」
日頃使用するモノへの愛着とこだわり、そして丁寧な扱いは、ビジネスエリートの証しのようだ。


超一流の身だしなみポイント
no title




彼氏の腕時計がバーバリーだった(´・ω・`)

bu1364-2


1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)18:06:27 ID:wIRmkt9UD
27歳なんだからせめて腕時計メーカーのもの着けて欲しい(´・ω・`)




【ポーター】財布買ったったwwwww

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:27:43.14 ID:d+XJq4bq0.net
これで俺もオトナオサレwwwww

no title



つけていて笑われない腕時計って

1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)23:20:46 ID:8OUFJgjX6
なに?


 

まさにデスウォッチ…余命を算出し死ぬ瞬間までカウントダウンする腕時計

1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 09:15:17.95 ID:???0.net
あなたの残りの寿命はどれくらいでしょうか?
スウェーデンの発明家が、まさに「デスウォッチ」という恐ろしい腕時計を開発しました。
デスウォッチはライフスタイルを分析し、残りの余命を算出、そしてカウントダウンすることが出来るそうです。

開発者のフレドリック・コルティングさんによれば、
このデスウォッチ、「Tikker」と名づけられた時計は死ぬまでの時間をカウントダウンできるとのこと。
「これは幸福の時計です。着用者は残された時間を大切に、最大限に活用してほしい。」

Tikkerの着用前にはアレルギーや病歴などの情報を入力する必要があります。
家族に癌や糖尿病の人がいるか、飲酒、喫煙、日々の運動量など質問は多岐にわたります。

価格は49.99ポンド(8300円)、
クラウドファンディングにより資金調達をしている最中であるそうですが、
調達予定額25,000ドルをはるかに超える98665ドルも集まっているとのこと。

no title





スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
おすすめAmazon
スポンサードリンク
アクセスランキング