沢山のインダイヤルが機械的な凄味を感じさせるクロノグラフ。

時計の世界では「クロノグラフ」は「ストップウォッチ機能を兼ね備えた高精度の懐中時計や腕時計」「時間を高精度で計り、記録するための機器」の事を意味しています。


クロノグラフの意味

「時間」を意味する「クロノ」は時を司る神クロノスに由来する古代ギリシャ語で、「グラフ」は「筆記・描写」を意味するグラフェに由来します。この言葉の合成から生まれたクロノグラフは文字通り、時を精密に切り取り記録出来る機能を兼ね備えています。

ちなみに似た言葉にクロノメーターがあります。どちらもクロノは時間の事でメーターは測る、つまりクロノメーターとは、精密に時を刻み続ける時計を表す言葉です。クロノメーターの連続性とクロノグラフの積算性が大きな違いといえるでしょう。


歴史に残る2つのクロノグラフ

フランスのルイ18世をご存じですか?ルイ18世はフランス革命で命を散らしたルイ16世の弟で、パリに逃れて亡命生活を送りナポレオン没落後にフランスに帰還し王政を復活させた人物です。このルイ18世は競馬を見るのが大のお気に入りでした。

レースのスタートからゴールまでに掛かった時間を正確に知りたがる王の為に、時計技師ニコラ・リューセックが雇われ、1821年、商用として最初のクロノグラフが作られます。こちらのクロノグラフは文字盤が回転し、針に取り付けたペンをスタートと共に文字盤に下ろすとペンが線を引いていき、その線の長さで掛かった時間を表す仕組みでした。ニコラ・リューセックにより作られた競馬の記録用時計はルイ・モネの天文時計が発見されるまで長らくクロノグラフの元祖と言われていました。

もう1つはルイ・モネが1816年に製作した1/60秒まで計測できる天文時計です。こちらは2013年に発見された200年前の天体観測の携帯時計で現在のストップウォッチの元祖と言われています。

どちらも永遠の時の営みから、出来るだけ細かい時間を計り取ろうとする願いが込められ、現在にその形を留めています。


クロノグラフの発達

1776年ジュネーブの時計師ジャン-モイズ・ブーゼがクロノグラフの先駆けとなるインディペンデント・セコンド機構を発明。

1831年にはオーストリアのヨーゼフ・タデウス・ウィナールによってスプリット・セカンド機構が発明。

更に1844年にはスイスのアドルフ・ニコスによって針のリセット機構が発明されるなど、少しずつ現在の形のクロノグラフに近い構造へと進化し、1862年には初のリセット機構を備えたクロノグラフの懐中時計が開発されるようになりました。

19世紀末には、ロンジンやタグホイヤーなど様々なメーカーがクロノグラフの懐中時計を売り出し始めます。

19世紀という時代は鉄道の発達によって、分単位で時間を考えていく日常が少しずつ浸透していく時代でもありました。その後自動車の発明や飛行機の発明、近代オリンピックの開催、戦争。急速に移り変わる時代の中、速度の計測や、燃料や飛行距離の割り出し、正確な時間の記録を残すなど、様々な面で正確な計時が求められるようになり、時計の進化も加速、そして大戦最中の1915年、ブライトリングが世界初の腕時計クロノグラフを発表。

このように需要の高まりにより生産数も生産技術も飛躍的に伸びていくことになります。


クロノグラフの秒針

クロノグラフに慣れていない人が時計を見ると、秒針が動いていない事に違和感を覚えます。普通の時計では秒針として捉えてしまう細い針はクロノグラフ針でベゼルやダイヤルに細かく刻まれた目盛りを読みやすくするために、通常より長く細くデザインがされています。このクロノグラフ針は通常12時の位置で静止したままで、必要な時にすぐに計測が始められるようになっています。

ではクロノグラフには秒針が無いのかというと、こちらは読み取り間違いを避ける目的で小文字盤に配置されています。


クロノグラフの文字盤

クロノグラフでは、人為的に切り取って測定しようとする時間の量を表示する為に、通常の文字盤とは別に、クロノグラフ針のための小文字盤が主文字盤内に配置されています。

主文字盤に更に配置されている小文字盤を「インダイヤル」と言い、これが2つのものは「二つ目」3つあるものは「三つ目」と呼ばれています。

クロノグラフの一般的なインダイヤルは、12時間積算計、30分積算計、そして通常の時刻を示している秒針が周回していくインダイヤルの三つで構成されています。

TAG Heuer タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16クロノグラフデイデイト CV2A1R.BA0799 [並行輸入品] [新品] [HO450] [メンズ]
TAG Heuer タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16クロノグラフデイデイト CV2A1R.BA0799 [並行輸入品] [新品] [HO450] [メンズ]

ケース外周

リュウズの上下にはそれぞれクロノグラフ針を発停させたり、復針させる為の「クロノグラフボタン」が配置されています。

これらインダイヤルや回転する指針の数、そしてクロノグラフボタンなど独特なメカニカルで重厚な雰囲気がクロノグラフの独特な魅力を醸し出し、デザインの堅牢さと合わさり、人気を生んでいます。







\ SNSにシェアしませんか? /