ウォッチちゃんねる

腕時計や懐中時計など時計全般についてまとめている時計の2ちゃんまとめです。

腕時計や懐中時計など時計全般についてまとめている2ちゃんまとめです。

スマートウォッチ

「ルイ・ヴィトン」がスマートウオッチ市場に参戦!

1: 名無しさん 2017/07/11(火) 10:43:08.91 ID:CAP_USER
no title

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は7月11日、ブランド初のスマートウオッチ“タンブール ホライゾン(TAMBOUR HORIZON)”を発売する。価格はベルト付きで27万7000円~。いずれも42mm径で、ステンレススチールケースとブラックPVDの全3種を用意した。表参道店や松屋銀座店など、主要ブティックで販売する。

 時計マーケットに参入した際に発売し、今年15周年を迎えた基幹ライン“タンブール(TAMBOUR)”のケースを採用し、最高レベルの液晶を搭載。アンロック画面やバッテリー残量確認画面、着信通知などには、アイコニックなイニシャルやモノグラムが現れる。スマートウオッチはグーグルと提携し、他社の時計同様、OSにはアンドロイド ウェア 2.0を搭載。アンドロイド・ウェアとLVパスという、2つのアプリをダウンロードして使用する。

これまで「ルイ・ヴィトン」が発表してきた“タンブール”や“エスカル タイムゾーン” “エスカル スピンアウト”などさまざまなフェイスが選べるが、どの文字盤を選んでも、世界の複数の地域の時刻を表示するGMT機能付き。サブダイヤルには、好きな機能を選択することも可能だ。さらに「ルイ・ヴィトン」のトランクやバッグなどのパーソナライゼーション同様、特定の文字盤中央には好みの色でストライプを描き、最大3文字までイニシャルを入れることできる。
no title

no title


ストラップは色とりどりのアリゲーター、“モノグラム”や“ダミエ”モチーフのキャンバス、ラバー、カーフなどを用意。男女合わせて60種類以上のストラップが選択可能で、いずれも簡単に付け替えできる。レザーグッズのモチーフから時計のフェイスまで、バリエーション豊かでアイコニックなデザインを有しているからこそ、多様なカスタマイズが楽しめる。文字盤は今後、さらにバリエーションを増やす予定だ。
no title

no title

https://www.wwdjapan.com/447629

続きを読む

ソニー、スマートウォッチ「wena wrist」に長方形アナログ時計の新モデル!

1: 名無しさん 2017/06/22(木) 02:06:43.48 ID:CAP_USER
ソニーは、腕時計のバンド部分にスマートウォッチの機能を内蔵した「wena wrist(ウェナリスト)」の新モデル「wena wrist Three Hands Square(ウェナリスト スリーハンズスクエア)」を発表。6月30日より発売する。

「wena wrist」は、腕時計のバンド部分に「電子マネー」「スマートフォンの通知受取」「歩数などの活動ログ」といった3つの機能を搭載したスマートウォッチ。「wena wrist Three Hands Square」は、「wena wrist」のステンレスバンド部はそのままに、ヘッド部に長方形型のアナログ時計を採用したモデルとなる。

具体的には、ヘッド部側面の曲線をステンレスバンド部となめらかにつなぐことで、腕の細い人にもフィットする美しく軽やかなデザインとした。また、従来モデル「Three Hands」の約55g、「Chronograph」の約73gに対して、重量約18gを実現するなど、小型・軽量化も図った。
価格は、ヘッド部+バンド部では「WN-WT11S(シルバー)」が43,880円、「WN-WT11B(プレミアムブラック)」が47,880円。ヘッド部単品では「WN-WT11S-H(シルバー)」が10,380円、「WN-WT11B-H(プレミアムブラック)」が11,380円(いずれも税別)。

このほか、文字板にスワロフスキー・クリスタルをあしらった「wena wrist Three Hands Square -Crystal Edition-(クリスタルエディション)」も同日より発売。同モデルのデザインに合わせて制作された特製ブレスレット(スワロフスキー・クリスタル使用)が付属する(700セット限定)。

価格は、ヘッド部+バンド部では「WN-WT12S(シルバー)」が55,380円、「WN-WT12B(プレミアムブラック)」が59,380円。ヘッド部単品では「WN-WT12S-H(シルバー)」が16,380円、「WN-WT12B-H(プレミアムブラック)」が17,380円(いずれも税別)。
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=keitai/ctcd=3115/id=65447/
no title

no title
時計好きのための掲示板です。愛用の時計の投稿や時計について語ったりご自由にお使いください!

PC      :ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-
スマホ:ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-



続きを読む

ソニー、電子ペーパー採用で“柄を変えられる”腕時計「FES Watch U」 ー アプリでオリジナル柄作成も

1: 名無しさん 2017/06/12(月) 10:42:40.39 ID:CAP_USER
ソニーは、スタートアッププロジェクト“Fashion Entertainments”の第二弾モデルとして、文字盤とベルトが1枚の電子ペーパーでできた腕時計「FES Watch U」を6月12日より発売する。
no title

no title

no title


・Premium Black(FES-WA1/B) ¥60,000(税抜)
・Silver(FES-WA1/S) ¥46,000(税抜)
・White(FES-WA1/W) ¥46,000(税抜)

“Fashion Entertainments”は、新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」としてスタートしたプロジェクト。「ファッションのデジタル化」によって「ファッションをもっと自由にもっと楽しく」することをコンセプトとして、2015年11月には第一弾製品「FES Watch」を発売した(関連ニュース)。FES Watch Uはその第二弾モデルで、今後はFES Watchと併売されていく。

なお、FES Watch Uは、クラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたソニーのサイト「First Flight」にて、先行してクラウドファンディングを実施。こちらで販売した分については先行して出荷が開始されている。

FES Watch Uは、従来のFES Watchからデザインを刷新。上記のように3モデルを用意する。文字盤とベルトが1枚の電子ペーパーからできており、様々なデザイン(柄)を表示・変更できるのは同様だ。ちなみにソニーはFES Watch U/FES Watchを“ディスプレイウォッチ”と呼称している。

加えて本機の大きな特徴となるのは、プリセットの柄だけでなく、専用のスマートフォンアプリ「FES Closet」とBluetooth接続することでデザインの追加ができる点だ。デザインは国内外のクリエーターが手がけたものをダウンロードでき、さらには自分が撮影した写真をFES Closetで加工してオリジナルデザインとして表示させることもできる。

時計本体はIPX5/IPX7の防水機能も備えている。バッテリーはリチウムイオン電池で、充電時間は約2.5時間、連続動作時間は約2週間充電用のクレードルが付属する。BluetoothはVer4.1 Low Energyで、独自のプロファイルで通信する。時計本体の文字盤径は43mm、質量は75g。FES Closetの対応OSは、iOS9以上、Android5.0以上となる。
http://www.phileweb.com/news/hobby/201706/12/1756.html
時計好きのための掲示板です。愛用の時計の投稿や時計について語ったりご自由にお使いください!

PC      :ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-
スマホ:ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-



続きを読む

Apple Watchは時計以上に時計らしい。外装の質感は50万円の時計に匹敵

1: 名無しさん 2017/05/01(月) 10:01:11.82 ID:CAP_USER
時計ジャーナリストであり、また時計専門雑誌の編集長でもある広田雅将は、本格派の機械式時計を毎日着け替えているのかと思いきや、なぜかApple Watchを使っている。どうして?

先日、Appleに呼ばれて人と会ってきた。誰と会ったか、何を話したかは書けないが、ひとつ合点のいったことがある。会った彼について調べたところ、Apple Watchの開発とヘルスケアビジネスを担当していることがわかった。Apple Watchとヘルスケア。ふたつの関係を考えると、なぜApple Watchが売れているのか、おぼろげながらわかってくる。

「すごい機械式時計をいっぱい持ってらっしゃるんでしょう?」とよく聞かれるのだが、実はそういう類の時計はそれほど持っていない。最近腕に巻いているのは、もっぱらApple Watchである。というのも最近、これほど時計らしい時計を見たことがない。時計専門家の端くれとして、スマートウォッチにはほとんどすべて目を通してきたが、その中で、ほぼ唯一評価し、普段使っているのがApple Watchなのだ。

その理由はふたつ。Apple Watchの外装は、セラミックスにせよステンレスケースのモデルにせよ、同価格帯の時計よりはるかに良くできている。このふたつに限っていうと、外装の質感は50万円程度の時計に肩を並べるのではないか。多くの時計関係者が、やがてApple Watchへのコメントを控えるようになったはずである。

そしてもうひとつの理由が、優れた着け心地である。リーマンショック以前、多くの時計メーカーは時計を買い替えさせるため、頻繁にモデルチェンジを繰り返していたと筆者は考えている。この時代の時計に、いわゆる決定打や定番が少ない理由は何か。それは今になって関係者が渋々認めているところだが、彼らは決定打となる新作を作らなかったのである。着け心地も同様で、一部の時計メーカーに関して言うと、あえて優れた着け心地を与えなかったようにすら思えてくる。事実、ある関係者は筆者にこう語った。「頻繁に買い替えさせるためならば、着け心地は二の次。むしろ悪い方がいい」。酒の席での冗談だったのかもしれないが、しかし半分以上は本心ではなかったか。

対して2015年に発表されたApple Watchは、時計メーカーがあえて無視してきた装着感に、きちんと向き合ったプロダクトだった。時計の重心は低く、ケースはビジネスウォッチ並みに薄く、メッシュベルトは完全な微調整が可能だった。時計メーカーは外される時計を作ることに躍起になっていたわけだが、一方でAppleは、外されない時計を作ろうと試みたのである。

そこで冒頭に戻る。Appleは、時計メーカーに対抗すべく着け心地を良くしたわけではない。カリフォルニアのIT企業は、ある意味、スイスの時計ブランドよりもはるかに「悪辣」だ。Appleが本当に行いたいことは、Apple Watchを売ることではなく、そこから収集したデータでビジネスを行うことである。数百万人の健康データを分析すれば、とりわけアメリカでは、ビジネスになる可能性は高いだろう。つまりそのためには、質・量共に十分なデータを集めることが必要で、露骨な言い方をすると、腕から外されない時計が必須になる。Googleもおそらく同じビジネスを考えているはずだが、プロダクトを見た限り、Google製のOSを搭載した多くのスマートウォッチは、装着感に対して驚くほど無頓着だ。

Apple Watchの成功を見て、多くの時計メーカーがスマートウォッチの分野に参入しようとしている。
https://gqjapan.jp/watch/20170430/apple-watch-is-a-serious-watch
時計好きのための掲示板です。愛用の時計の投稿や時計について語ったりご自由にお使いください!

PC      :ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-
スマホ:ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-



続きを読む

スマート高級腕時計は、「次世代に残せる時計」になれるのか…スイス高級ブランドのジレンマ

1: 名無しさん 2017/04/19(水) 08:07:47.81 ID:CAP_USER9
半年もすれば時代遅れになり、新機種が出るとすぐ買い替えられてしまうガジェット。一方で、たとえ正確に時を刻まなくとも長く使い続けられる高級腕時計。その間にある、高級ブランドがつくるスマートウォッチは、ガジェットなのか? それとも、「次世代に残せる時計」で有り続けるのか?

スイス製腕時計の市場は、このうえなく幸せな“異世界”であり続けてきた。この摩訶不思議な場所では、人々は万年カレンダーという複雑な機能の観想的な美しさを称え、実際には正確な時を刻まない機械仕掛けの時計に喜んで数百万円、数千万円出すのだった。ルネサンス時代に生まれたこの異世界は、ゆっくりと変化を遂げてきたが、現在でも伝統や歴史、不変性のすべてが重視されている。

しかし、その世界が壊れ始めた。腕時計業界が、急激な衰退をみせているのだ。きっかけは、時間を確認するだけならスマートフォンで十分間に合うという事実に人々が気づいたことだった。アップルは2016年、世界第2位の腕時計メーカーになったことを大々的に公表した。その一方で、スイス製腕時計の輸出は2016年前半、16.1パーセント減という過去最悪の急降下を記録している。

3月下旬にスイスで開催された国際展示会「バーゼルワールド2017」の会場では、どこを見てもスマートウォッチが目に入った。腕時計版の「CES」ともいえるこの展示会に足を踏み入れて最初に目につくのは、タグ・ホイヤーの「コネクテッド モジュラー45」だ。これはスタイリッシュなモジュール式スマートウォッチで、価格は1,700ドルである。

こうした新型の腕時計は、新世代の顧客たちを獲得できるビッグチャンスにもなれば、腕時計のあらゆる美点を台無しにする脅威にもなりうる。いずれにせよ、誰もがスマートウォッチを念頭に置いていることは間違いない。

(以下省略)

no title

http://wired.jp/2017/04/18/even-switzerland-obsessed-smartwatches-now/
時計好きのための掲示板です。愛用の時計の投稿や時計について語ったりご自由にお使いください!
ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-


続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
おすすめAmazon
スポンサードリンク
メッセージ

名前
本文