ウォッチちゃんねる

腕時計に関するニュースや豆知識などの話題を取り上げている時計情報サイトです。国内外問わずさまざまなブランドをまとめています。その他にも、懐中時計や置時計など時計全般の情報を扱う時計総合ブログです。

腕時計や懐中時計など時計全般についてまとめている2ちゃんまとめです。

機構

コンスタントフォース機構「ルモントワール」とは(後編)

前編ではフュゼ・チェーン伝達機構の構造に触れて話をさせて頂きました。

後編では、コンスタントフォース機構のもう1つの代表的な機構であるルモントワール フュゼ・チェーンとコンスタントフォース機構に類する定力装置について述べていきたいと思います。




前編はこちら
コンスタントフォース機構「フュゼ・チェーン」とは(前編) | ウォッチちゃんねる


続きを読む

コンスタントフォース機構「フュゼ・チェーン」とは(前編)

定力そして不変への取り組み

時計のゼンマイは、巻き終えたとき一番強く、中間では安定した力を発生させ、解けきる直前が一番弱い、このようなゼンマイトルクの変化を生じさせます。

コンスタントフォースとは、このトルクの変化を何らかの方法で一定化する事で精度を上げる取り組みです。

考え方はとてもシンプルなものですが、実際に実現させる事はかなり大変です。

トルクを一定化させる取り組みという事でコンスタントフォース機構(定力装置)と呼ばれ、代表的な方法にはとしてはフュゼ・チェーンやルモントワールと名付けられたものがあります。



続きを読む

時計のカレンダー機構について解説!

時計の文字盤には月や曜日、日付を表示するものがいくつも存在します。日付のみの表示は「デイト表示」、日付と曜日の表示は「デイデイト表示」、月、曜日、日付を表示するものは「トリプルカレンダー」「アニュアルカレンダー(年次カレンダー)」そして三大機構の1つに数えられる「パーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)」と種類も豊富にあり、日にちを知りたいという利便性を満たし、時を知る魅力を一層高めてくれるものです。


続きを読む

流れ続ける時を止めない「パワーリザーブ表示機構」とは

クオーツ式時計という圧倒的な精度を誇り便利な機能を数多く搭載する時計が生まれてもなお、人々を魅了し愛され続けている機械式時計。

機械式時計の魅力はなんといっても時刻を示すだけではなく、それを扱う人と共に胎動し続けるところにあります。この胎動し続ける時を巧みに延ばしていく為に便利な機能がパワーリザーブ表示機構(パワーリザーブインジケーター)です。


続きを読む

月の時に想いを寄せる時計の機構『ムーンフェイズ』とは

地球は太陽の周りを365.2422日で一周しています。私たちが現在使っている時間はグレゴリウス歴と呼ばれ400年で366日の年を97回作り、平均365.2425日の時に修正している太陽暦。

そして通常時計の文字盤に示されている時刻は「平均太陽暦」といって1日を作為的に24等分した時間です。このように時間は太陽と地球との関係から生まれました。

もう1つの時の形、1ヶ月。こちらは月の満ち欠けの周期である約29.5日を元に作られた概念で1年は12に分けられ12ヶ月で同じ季節が巡ってきます。この季節の移り変わりを表している暦は月の満ち欠けをよむ事で作られました。

また1日の昼の時間と夜の時間を12という数で分割した理由も月の周期に関係しています。 私たちの時間は太陽と月によって成り立っているのです。


続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
おすすめAmazon
スポンサードリンク
アクセスランキング