広告




オーデマ・ピゲの歴史





オーデマピゲ



創業:1875年

創業者:ジュール・ルイ・オーデマ、エドワール・オーギュスト・ピゲ

創業地:スイス(ル・ブラッシュ)




世界3大時計メーカーのひとつ。創業以来、創業家による経営が続いている数少ないブランドです。



1875年にスイスジュラ山脈のジュラ渓谷ル・ブラッシュで創業し、現在もそこに本社を置いています。



ソネリ(自動的に鐘の鳴る装置)や永久カレンダーなどの複雑機構を搭載した「グラン・コンプリカシオン」を1889年に、世界初のミニッツリピーターウォッチを1892年に完成させるなど、高い技術力を誇る最高峰のブランドです。



当時、金無垢仕様が常識だった高級時計にステンレススチールを使った「ロイヤルオーク」を1972年に発表し、ラグジュアリースポーツウォッチという新境地を開拓しました。八角形のベゼルと大きめのサイズが受け入れられ、現在も世界中に多くのファンがいます。



image


オーデマ(左)とピゲ(右)





image


ロイヤルオーク



image








管理人より

前回の反省を生かして今回は、腕が写っていない画像を選びました

ではまた!




『オーデマ・ピゲの歴史』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2016/08/15(月) 00:50:19 ID:a5b90cbf2 返信

    ピゲはROありきのブランドになっちゃったのが少し残念かな、ジュールオーデマやピレネリーも良いのにアジアじゃ特に空気っていう…

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2016/08/15(月) 00:52:13 ID:a5b90cbf2 返信

    ※1
    ピレネリーじゃなくミレネリーねw間違えたw