広告




「ジースクワッド GBA-800」アプリ連携でワークアウトの記録ができるG-SHOCK





要約すると・・・

専用アプリケーションとの連携で日々のワークアウトをサポートする新シリーズ“G-SQUAD(ジースクワッド)”より、『GBA-800』(6モデル)を2月9日から順次発売する。

今回の新製品は、3軸加速度センサーにより1日の歩数と歩行/走行のペースを計測し、歩数を時計上で表示する。

Bluetooth®通信でスマートフォンと接続すれば、専用アプリ「G-SHOCK Connected」で毎日の歩数や消費カロリーなどの確認が可能。

さらに、タイマーとひも付けてワークアウトメニューを作成すればインターバルトレーニングに活用できるなど、日頃から健康管理や体力の維持向上を意識する男性に向けた新しい“G-SHOCK”だ。




img01 (4)


カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の新製品として、毎日のファッションにマッチするデザインでありながら、3軸加速度センサーを搭載し、専用アプリケーションとの連携で日々のワークアウトをサポートする新シリーズ“G-SQUAD(ジースクワッド)”より、『GBA-800』(6モデル)を2月9日から順次発売いたします。

今回の新製品は、3軸加速度センサーにより1日の歩数と歩行/走行のペースを計測し、歩数を時計上で表示します。Bluetooth®通信でスマートフォンと接続すれば、専用アプリ「G-SHOCK Connected」で毎日の歩数や消費カロリーなどの確認が可能です。

今回新たに開発した弊社独自のアルゴリズムにより、時計で計測した歩数と歩行/走行ペースから、運動強度を5段階で判別して、歩数を運動強度別にグラフ表示します。また、スマートフォンを持って活動した場合は、歩数と消費カロリーをアプリの地図上でグラフィカルに表示。これにより、いつ・どこで・どれくらいの運動強度で・何歩活動したかを把握できます。さらに、タイマーとひも付けてワークアウトメニューを作成すればインターバルトレーニングに活用できるなど、日頃から健康管理や体力の維持向上を意識する男性に向けた新しい“G-SHOCK”です。

Bluetooth®システムやセンサーを搭載しながらも、モジュールの実装を工夫しコンパクトなサイズを実現。バンドの穴を増やして手首へのフィット感も向上させました。また、1日4回スマートフォンを介してタイムサーバーに接続することで、常に正確な時刻を保つなど、時計としての完成度・実用性も高めています。

全体はワントーンカラーでまとめて、普段使いも楽しめるデザインに仕上げました。

引用元:アプリ連携でワークアウトの記録ができる“G-SHOCK”


































\ SNSにシェアしませんか? /