広告

グランドセイコー、キャリバー9F 25周年記念の数量限定モデルを発売



要約すると・・・

グランドセイコー>から、1993年に究極のクオーツを目指して開発されたキャリバー9Fの誕生25周年を記念した特別精度の数量限定モデル2機種を3~4月に全国で、続いて海外市場において順次発売する。

アニバーサリーモデルならではの特別仕様として、クオーツの発展期であった1970~1980年代に高精度の証としてダイヤルにあしらわれていた独自のクオーツマークをモチーフにした「GS」「9F」のパターンをダイヤル全面に型打ちするとともに、25分位置に隠れた「9F25」の文字が25周年を祝う。

さらに、標準は年差±10秒である「キャリバー9F83」の時間精度を年差±5秒まで高めた特別精度のムーブメントを搭載している。




a (3)



セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、国産腕時計を代表する<グランドセイコー>から、1993年に究極のクオーツを目指して開発されたキャリバー9Fの誕生25周年を記念した特別精度の数量限定モデル2機種を3~4月に全国で、続いて海外市場において順次発売いたします。
 

<グランドセイコー>は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランドです。2010年から本格的なグローバル展開を開始し、世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と洗練されたデザインで、世界中で高い評価を得ています。

商品特徴
 

1969年に世界に先駆けてクオーツウオッチを発売したセイコーが、グランドセイコー専用機種として世に送り出した究極のクオーツムーブメントが「キャリバー9F」です。
 

従来のクオーツの常識を覆す数々の新機軸が盛り込まれたこのムーブメントは、クオーツでは不可能だった長くて太い針を回せるようにした「ツインパルス制御モーター」に加え、秒針のふらつきを大幅に軽減する「バックラッシュ・オートアジャスト機構」やカレンダーを瞬時に切り替える「瞬間日送り機構」が搭載され、高い精度だけでなく、見やすさと美しさが徹底的に追求されました。また、ローター部を組み合わせ軸受けで覆い保油性を飛躍的に高めると同時に、クオーツには必須の電池交換時における輪列部へのごみや埃の侵入を防ぐ「スーパーシールドキャビン構造」が採用されています。さらに、普段は裏ぶたに覆われて見えないムーブメントもゴールド色で美しく仕上げられました。このキャリバー9Fは、誕生以来25年間もの間、市場から高く評価され続けている世界最高峰のクオーツムーブメントです。

グランドセイコー初の9Fクオーツモデルをリメイクした数量限定モデル

https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/767/f.jpg


https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/767/e.jpg

※裏ぶたの向きは実際と異なる場合があります。

1993年のオリジナルモデルがもつ柔らかなフォルムのケースとブレスレットは踏襲しつつ、ケースサイズをオリジナルの37.0mmから39.0mmへと変更し、現代的にアップデートしています。

 アニバーサリーモデルならではの特別仕様として、クオーツの発展期であった1970~1980年代に高精度の証としてダイヤルにあしらわれていた独自のクオーツマークをモチーフにした「GS」「9F」のパターンをダイヤル全面に型打ちするとともに、25分位置に隠れた「9F25」の文字が25周年を祝います。さらに、標準は年差±10秒である「キャリバー9F83」の時間精度を年差±5秒まで高めた特別精度のムーブメントを搭載しています。その証として、6時位置にはゴールド色のファイブ・ポインテッド・スター(五角の星マーク)が輝きます。
裏ぶたには、「Caliber 9F 25th Anniversary Since 1993」とシリアルナンバー(No.0001/1500~1500/1500)の表記に加え、グランドセイコーの象徴である18Kイエローゴールド製の獅子の紋章をあしらいました。

キャリバー9Fの美しい仕上げを鑑賞できるシースルーバック仕様の数量限定モデル

https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/767/d.jpg

SBGV238

ゴールド色の美しい仕上げが施されたキャリバー9Fを鑑賞できるシースルーバック仕様が本作の最大の魅力です。また、前述の初代リメイクモデルと同じく、アニバーサリー仕様のダイヤルと特別精度のムーブメントに加えて、裏ぶたには「Caliber 9F 25th Anniversary Since1993」とシリアルナンバー(No.001/600~600/600)を表記して、希少性を高めています。



https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/767/g.jpg

※裏ぶたの向きは実際と異なる場合があります。

また、グランドセイコー独自のデザイン哲学である「セイコースタイル」を象徴する 1967年発売の「44GS」を現代的に解釈したデザインのケースにセットした、華やかな18Kイエローゴールド製のベゼルも見所の一つです。

以下は引用元のプレスリリースにて



引用元:<グランドセイコー>キャリバー9F 25周年記念 究極のクオーツムーブメントをリメイクした特別精度の数量限定モデル|セイコーウオッチ株式会社




















この記事もおすすめ
世界最高峰の実用時計 グランドセイコーSBGA001の魅力










\ SNSにシェアしませんか? /






『グランドセイコー、キャリバー9F 25周年記念の数量限定モデルを発売』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/02/09(金) 12:46:24 ID:9ad931a92 返信

    GS9Fの文字盤はチトやりすぎのような気もするが
    年差±5秒はすごい。

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/02/09(金) 13:18:44 ID:f2da376bf 返信

    ザシチならいつでも年差5秒の時計売ってるよ

  3. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/02/09(金) 16:12:01 ID:befa91f1c 返信

    シースルーバックいいね、9fは数少ない見せれるクオークムーブだからいいと思う。
    SDもコイルとか隠さなくていいよ、技術の結晶なんだから。

  4. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/02/10(土) 11:05:34 ID:97d9982f5 返信

    ザシチじゃ時計の仕上げとブランド力に太刀打ち出来んだろ

  5. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/02/13(火) 19:25:29 ID:52f139d6b 返信

    クオーツのシースルーバックは珍しい。ブルーノゾンレー位しか知らない。