広告




この腕時計を革ベルトに変えたいんだけど何色がいいかな?





1: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:26:46.336 ID:HviNb98d0
no title

茶系が無難かな




2: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:27:11.083 ID:llYA41Pda
黒だろ



3: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:27:36.960 ID:HviNb98d0
黒の方がいいか

4: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:28:59.502 ID:Rfq1YKji0
厚みがもう少し薄いなら革ベルトでも良いと思うけど結構厚みあるしこのままの方がいいんでない?

7: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:31:55.341 ID:HviNb98d0
>>4
そうかー
夏はこのままでもいいんだけど冬悩む

5: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:30:03.790 ID:hMN21wqr0
紺色



8: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:32:01.521 ID:E6r/q/Sod
長く使いたいなら白文字盤

9: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:33:45.938 ID:HviNb98d0
文字盤は白だよ
ベルトの話

10: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:34:54.425 ID:hMN21wqr0
てか交換時期がおかしくない?今からはメタルバンドの時期じゃん

12: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:37:12.154 ID:E9++0DgF0
用途知らんけど白文字盤に黒ベルトは冠婚葬祭で大活躍だから無難に行くならそれだと思う

11: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:35:32.820 ID:FhIMfVVt0
革ベルト→革ベルトの交換は自分でも簡単にできるからあんま深く考えんでええとおもう

13: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:56:50.778 ID:ZEgP2tl2a
リザードとかのエキゾチックレザーでも良いかもよ

14: 名無しさん 2018/03/15(木) 21:58:57.558 ID:Kh745Ciz0
ネイビーがイイと思うよ

これからの季節爽やかだし
秒針と合うよ
時計ベルト国内最多本数4000本の時計ベルト.com









\ SNSにシェアしませんか? /









引用元: http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1521116806/


『この腕時計を革ベルトに変えたいんだけど何色がいいかな?』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/16(金) 22:13:06 ID:2c74eced5 返信

    このオリエントスターまじでかっこいい
    だけど、自分は腕が細いから似合わない…
    腕がもうちょっと太かったら本当に欲しい時計

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/16(金) 23:58:57 ID:62bf7dbe9 返信

    こういう意見や同意を求めるスレはなんか胡散臭いものを感じる

  3. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/17(土) 18:35:07 ID:17180c1a1 返信

    オリエントはケース分厚いからねー
    細すぎる腕や薄すぎる革ベルトは合わないんよな
    デフォ革モデルも殆ど厚いクロコ押し

  4. 名前:偽物ブランド時計 投稿日:2020/07/18(土) 00:12:05 ID:355603f3f 返信

    是非お試しあれ! また読み取り速度がジャケット型外部スキャナーに比べるとやや劣ります。
    かなり劣ります。
    それぞれ開発言語が異なりアプリの互換性はありません。
    を読むと同時に自社品目コードに変換して処理します。
    仮に上記の方法を採用すると、在庫として存在する全ての品目(製造工程の仕掛品や中間品、最終製品など)を管理する場合は、その都度1品・1回ごとにバーコードラベルを印刷し貼付けしなければなりません。
    また、製造業の場合は、小売業と違い仕入れた材料が加工されます。
    小売業と製造業ではバーコードの扱いが大きく違います。
    仮に、付いている場合でも原材料や部品のメーカーの社内用コードであり、小売業のような世界共通のコードではないので、仕入れた原材料や部品のコードをそのまま利用できないという問題があります。
    利用する方法があります。
    これは、世界共通の13桁のJANコードと言われる「バーコード」が付いており、それをそのまま商品コードとしても利用しています。
    省力化や作業品質向上のためのバーコードを導入したはずが返って、会社の生産性を落とす危険性もあります。
    専用機と違い「堅牢性」に弱点があります。
    作っておく必要があります。
    まず、ロケーション管理を行うための準備が必要です。
    そこでバーコードの扱いにも工夫が必要になります。
    そして、次にそれを読み取るための器械である「バーコードリーダー」が必要になります。
    バーコードを読み取るためにはバーコード・スキャナが必要です。
    一方で、読み取り機器としての課題が残っています。
    端末に外付けのバーコード・スキャナを接続した機器があります。
    と短く「同一機種の入手性」にも問題があります。
    入庫や出庫をするときに対象の現品の品目バーコードを読む方法があります。
    対象現品の品目コードをモバイル端末に登録入力しておきます。
    品目コードとして利用する例はその典型です。
    専用ラベル印刷機で印刷します。
    代表的なバーコードスキャナの特徴をご紹介します。
    印刷して貼付します。
    仮にバーコードが付いていないモノが入荷されても、その商品コードのバーコードを作り、ラベルを印刷して貼付すればよいことになります。
    人気商品満載!商品には必ずバーコードがついています。

    偽物ブランド時計 https://www.yutooz.com/protype/list-225.html