広告




セイコークロック、「漆器 山田平安堂」とコラボレーションした白檀塗りの置時計を発売





要約すると・・・

セイコークロックは老舗の漆器専門店「漆器 山田平安堂」とコラボレーションした置時計を発売する。
スケルトンのクオーツムーブメントに組合せた枠は、徐々に鮮やかな色になる白檀塗りがなされている。
10月19日より販売される。

セイコークロック株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長 萩原健二)は、老舗の漆器専門店「漆器 山田平安堂」とコラボレーションした置時計1モデルを10月19日より販売いたします。

【商品の特長】
●伝統的な漆芸、徐々に鮮やかな色になる白檀塗り

スケルトンのクオーツムーブメントに組合せた枠は、漆芸の技法のひとつで金箔などを施した上に透き漆をかけることで独特の深みのある“あめ色”を表現する「白檀塗り(びゃくだんぬり)」でまとめました。漆が透けて現れる風合いが、香木の白檀に似ていることから名付けられたとも言われています。

空気に触れ、年月を重ねるごとに透明感が増し、漆の下の金箔の色が徐々に鮮やかにあらわれていきます。持ち主だからこそ味わうことのできる変化です。

●漆器 山田平安堂

古来よりの伝統的な塗りの技である、「白檀塗り」をモダンデザインとして復活させた老舗の漆器専門店です。1919年(大正8年)に日本橋に創業。創業当時の東京で京文化の流れを汲む雅な作風は評判を呼び、その品質へのこだわりが評価され宮内庁御用達となりました。伝統の継承と革新に取り組みながら、時代とともに変化するライフスタイルに合わせた新しい漆器を提案し続けています。

●世界初の家庭用クオーツクロック発売から50年

今年はセイコーが世界で初めて家庭用クオーツクロックを発売した1968年から数えて50年に当たることから、クオーツ技術を活かしたスケルトンムーブメントを採用した本製品を 「クオーツクロック50周年記念モデル」としても訴求してまいります。

【製品仕様】
本体:高さ191×幅190×奥行65mm 台:高さ16×幅240×奥行110mm
材質 木枠:MDF・漆仕上げ(白檀塗り) 前面:カットガラス 台:アクリル
クオーツムーブメント(平均月差±15秒)
単3マンガン電池1本使用(電池寿命約1年間)
発売日:2018年10月19日

この件に関するお問い合わせ先
プレス関係 セイコークロック(株) 企画部 広報・宣伝担当 03-5639-6290
一般のお客様 セイコークロック(株) お客様相談室 0120-315-474

本商品のプレスリリース
https://www.seiko-clock.co.jp/news/2018/20180629.html

引用元:伝統の技術で魅せるモダニズム「漆器 山田平安堂」とコラボレーションした置時計を発売





『セイコークロック、「漆器 山田平安堂」とコラボレーションした白檀塗りの置時計を発売』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/07/01(日) 22:57:16 ID:596757616 返信

    和室に合いそうだな。いくらなんだろう?
    あと、セイコーとシチズンにはMade in Japanの置き時計と掛け時計を造ってほしい。Made in Chinaばかりで困る

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/07/06(金) 21:14:57 ID:2f16dcfcc 返信

    電波じゃないのがなぁ
    部屋の時計掛けてる場所によっては電波が入らんからってことなんだろうけど、どうせなら電波タイプと両方作って欲しい