ヴァシュロン・コンスタンタン

創業:1755年
創業者:ジャン・マルク・ヴァシュロン
事業拡大に貢献:フランソワ・コンスタンタン
創業地:スイス(ジュネーブ)

パテック・フィリップオーデマ・ピゲと並び世界3大時計メーカーの1つに数えられています。


キャビノティエ(優れた時計師のことで、中世の時計師たちが屋根裏を改装して自らの工房を開いたことに由来する)の伝統を受け継いで260年ほどの歴史の中で途切れることなく時計を作り続けている老舗時計ブランドです。現在はリシュモングループの傘下に入っています。


創業から1度もその歴史が途切れていない最古のブランドです。


1839年に製造技師のジョルジュ・オーギュスト・レショーがパンタグラフ(同一の形状を転写したり、拡大縮小できる機械)を発明。1841年にヴァシュロン・コンスタンタンでこのパンタグラフを使い始めました。


1906年には鐘の音で時刻を報せる「ミニットリピーター」を、1935年に部品点数800個の「グランド・コンプリケーション」など様々な複雑機構のモデルを発表しました。


130年ほどの歴史のあるジュネーブシール(独立の品質マークのこと)を取得し続ける高い品質と美しい仕上げもあって、世界各国に多くのファンがいるブランドです。


image

創業者のヴァシュロン


image

フランソワ・コンスタンタン


image

グランド・コンプリケーション


image



image

パトリモニー


image

メティエ・ダール・メカニカル・アジュレ





管理人より
これで3大時計メーカーの紹介は終わりました(・∀・)これからも定期的に時計メーカーの紹介記事を書いていこうと思います。次はどこを書こうかな…