広告

G-SHOCK誕生35周年記念モデル「RED OUT」発売、レッドを全面に採用した真っ赤なモデル



要約すると・・・

“G-SHOCK”が2018年4月に誕生35周年を迎えるにあたり、その記念モデルとして、ブランドを象徴するレッドで全体を統一した『RED OUT(レッドアウト)』(5モデル)を1月19日に発売する。

『RED OUT』は、粒子を塗料に混ぜ込むことで光沢感を抑える新たな塗装技術を用いることにより実現したマットなレッドをボディ全体に使用。

さらには、液晶部分までもレッドを採用。裏蓋や遊環などのメタルパーツにはブラックを施し全体をまとめ上げている。

裏蓋には、世界的に有名なグラフィックアーティスト、エリック・ヘイズ氏が手がけた35周年記念ロゴを、そして遊環には“35”を表すスターマークを刻印している。



カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年4月に誕生35周年を迎えるにあたり、その記念モデルとして、ブランドを象徴するレッドで全体を統一した『RED OUT(レッドアウト)』(5モデル)を1月19日に発売します。

“G-SHOCK”は、開発者が身につけていた腕時計を落として壊してしまったことがきっかけとなり、「落としても壊れない丈夫な時計」を生み出すべく、1981年に開発がスタートしました。腕時計は壊れやすく丁寧に扱うことが当たり前だった時代に、これまでにない時計を実現するため、200以上もの試作機と2年の歳月をかけて1983年に耐衝撃構造を備えた初代モデルが誕生。以降、ブランドコンセプトである「Absolute Toughness」を軸に、常に常識を覆す新しい製品を生み出してきました。今では、世界中で広く受け入れられ、2017年8月には世界累計出荷台数1億個を達成しました。

今回ご案内します35周年記念モデル『RED OUT』は、粒子を塗料に混ぜ込むことで光沢感を抑える新たな塗装技術を用いることにより実現したマットなレッドをボディ全体に使用しています。さらには、液晶部分までもレッドを採用。裏蓋や遊環などのメタルパーツにはブラックを施し全体をまとめ上げました。35年間タフネスを追い求めて進化し続け、またこれからも新しい価値を生み出し続けていくG-SHOCKのアイデンティティを大胆に表現しました。

裏蓋には、世界的に有名なグラフィックアーティスト、エリック・ヘイズ氏が手がけた35周年記念ロゴを、そして遊環には“35”を表すスターマークを刻印しています。G-SHOCKのブランドコンセプトである「Absolute Toughness」をデザイン・カラーリングにより体現したスペシャルなモデルに仕上げました。

img09


引用元:“G-SHOCK”誕生35周年記念モデル「RED OUT」




















すごい真っ赤ですね!
目立つから着けてたら注目されそう(´・ω・`)










\ SNSにシェアしませんか? /