要約すると・・・

2018年のSIHHでH.モーザーはもっともスイスを象徴するにふさわしい時計「SWISS ICONS WATCH」を発表する。

SWISS ICONS WATCHは本質的なものづくりの精神が失われ、マーケティング主導となっている現代のウォッチビジネスを挑発している。

多くの著名な時計師や創業者達が宿していた製品へのあくなきこだわりに今一度立ち返ろうという精神から、これまで過去から現代に於いて象徴的なさまざまな特徴を融合し、バランスの良い 1 つの時計にしたものだ。

SWISS ICONS WATCHはユニークピースで、SIHH終了後オークションにかけられその収益はスイス時計製造の文化保全と若い職人の育成を目指す基金に充てられる。


2018年のSIHHでH.モーザーはもっともスイスを象徴するにふさわしい時計を発表します。それが「SWISS ICONS WATCH」です。SWISS ICONS WATCHは本質的なものづくりの精神が失われ、マーケティング主導となっている現代のウォッチビジネスを挑発しています。多くの著名な時計師や創業者達が宿していた製品へのあくなきこだわりに今一度立ち返ろうという精神から、これまで過去から現代に於いて象徴的なさまざまな特徴を融合し、バランスの良い 1 つの時計にしたものです。もちろんH.モーザーを象徴するグラデーションの美しいフュメダイアル、自社製のヘアスプリングを搭載したフライング・トゥールビヨン・ムーブメントを搭載しています。SWISS ICONS WATCHはユニークピースで、SIHH終了後オークションにかけられその収益はスイス時計製造の文化保全と若い職人の育成を目指す基金に充てられます。



農業の傍らで時計を製造していた時代から、職人たちは絶え間なく、発明、精密化、小型化を行って、その精度、信頼性、性能を改善し続けていました。現在は、これらの時計を作る時計職人たちの謙虚さや物静かさと、彼らの製品以上に華やかさや煌めきを強調するマーケティングの間に、大きな隔たりがあります。H. モーザーは、このような日和見主義の時計製造に立ち向かっています。「歴史のあるものを含めて多くの時計ブランドは、それがいかに重要であるかのように表現した誇大広告のための製品を作っています。華麗なイベントの開催に力を入れ、時計製造とは無縁のアンバサダーを雇っています。このような方策は、巧妙なトリックとしての技巧にすぎません。歴史の長さ、アンバサダーである著名人の知名度、または彼らを支持する信奉者の数にこだわっているだけです。このような努力は無意味であり、要点から外れています。つまり、重要なのは製品です。」と、H. モーザーの CEO、エドゥアルド・メイランは強調しています。「私たちは、独創性を示し、再び製品に重点を置く必要があります。現実に戻り、本気になって取り組み、独自のアイデアを生み出さなければなりません。これ以外に、「スイス製」の偉大さを取り戻す方法はありません。」


d17137-6-746014-0

Salon International de la Haute Horlogerie(SIHH)2018 でエドゥアルド・メイランは、その主張を裏付ける Swiss Icons Watch を発表します。このユニークな製品は、過去と現在のアイコン的な時計に立ち返って、その象徴的なさまざまな特徴を融合し、バランスの良い 1 つの時計にしたものです。また、スイスの時計製造に名声をもたらした数々の時計へのオマージュであるだけではありません。一部の時計メーカーの特徴とされ続けていた、内容の貧弱さを、挑発的なユーモアで否定しています。Swiss Icons Watch には、ファンキーブルー ダイアル、Precision Engineering AG が開発した常磁性合金である PE5000 によるダブルヘアスプリング、交換可能なミニッツ フライング トゥールビヨンなど、H. モーザーの象徴となっている要素が含まれています。


d17137-6-706064-2

ユニークアイテムである Swiss Icons Watch は、SIHHの開催期間 2018 年 1 月 15 ~19 日で発表されます。最初に 2016 年に Swiss Alp Watch が、2017 年に Swiss Mad Watch が発表された特別な時計のシリーズの一部として、次に発表される Swiss Icons Watch は、SIHH の終了後にオークションにかけられます。オークションの収益は、Fondation pour la Culture Horlogère Suisse(スイス時計製造文化基金)に寄付され、時計製造業における見習い職人の支援と、関連する時計製造の美術工芸の保護のために使用されます。


疑う余地のない H. モーザー スタイルの高級時計です。


技術仕様 – Swiss Icons Watch

リファレンス 3804-1200、ステンレススチール製モデル、ファンキーブルー フュメダイアル、 ステンレススチール製ブレスレット、ユニークピース


ケース

ステンレススチール

直径:43.0 mm、厚さ:12.6 mm

サファイアクリスタル

サファイアクリスタルを用いたシースルーのケースバック

カボッションカットのサファイアで装飾されたリュウズ


ダイアル

2 枚のオーバーレイプレートを使用

ストライプ入りファンキーブルー フュメダイアル、スーパールミノバ ® で切り出された数字

伝統的なブルーハンズによる時針および分針


ムーブメント

自社製 HMC 804 自動巻きキャリバー

直径:32.0 mm(14 1/4 リーニュ)

厚さ:5.5 mm

振動数:21,600 振動/時

ラチェット式両方向自動巻きシステム

18K レッドゴールド製ローター、H. Moser & Cie. ロゴの刻印

パワーリザーブ:約 3 日間

オリジナルの常磁性ダブルヘアスプリング

6 時位置のモジュール式ミニッツ フライング トゥールビヨン、スケルトン加工ブリッジ


機能

時、分


ブレスレット

ステンレススチール

ステンレススチールのフォールディング・クラスプ、Moser ロゴのエングレービング


引用元:スイス時計の今を象徴するH.モーザーのスイス アイコン ウォッチ|イースト・ジャパン株式会社のプレスリリース

時計にかかる本当の製品コストは10%で、大部分はマーケティングにコストがかかっていると挑発して、現代の時計ビジネスは本質的なものづくりの精神が失われているのではと動画内で疑問を投げかけてるのが面白いですね。(追記:今見たら動画非公開になってました)









\ SNSにシェアしませんか? /