広告

文字板に和紙を採用したザ・シチズン和紙文字板モデル「AQ4020-54Y/53Y」登場!!!




時計好きのための掲示板です。愛用の時計の投稿や時計について語ったりご自由にお使いください!
ウォッチちゃんねる-時計の掲示板-



シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉 敏夫)は、時計の本質を追求し、卓越した精度を誇る高品質ウオッチ「The CITIZEN(ザ・シチズン)」から、年差±5秒の光発電「エコ・ドライブ」を搭載し、日本伝統工芸の手漉き和紙を文字板に初めて採用した2モデルを、5月12日に発売いたします。

「ザ・シチズン」は、1995年創立65周年を記念し誕生して以来、「正確な時刻を刻み続けること。時刻を見やすく伝えること。その使命を長く維持すること。」をテーマに、時計の基本性能をどこまでも追い求めるシチズンブランドの最高峰として展開しています。そしてその組み立ては、シチズンの最高技能者の称号であるマイスターにより組み立てられる、人と技術の融合によるシチズン最高峰のモデルです。


「ザ・シチズン」にふさわしい、光発電「エコ・ドライブ」の文字板素材を研究・開発する中で、古来より障子など光を取り込むために用いられてきた和紙に着目。今回その中でも、薄さと丈夫さが特長の日本三大和紙の一つである土佐の手漉き和紙を初めて採用しました。繊維の隙間から光を透過する土佐の手漉き和紙により、光発電「エコ・ドライブ」を搭載する、今までにない魅力的なモデルが完成しました。職人が手で漉き上げるため、一つとして同じ文字板が無いこともその魅力のひとつです。


「エコ・ドライブ」を搭載して年差±5秒という世界最高レベルの精度を実現したムーブメントを、流行に左右されないスタンダードなデザインのケース、バンドにおさめ、軽くてキズがつきにくい、シチズン独自のスーパーチタニウムTM※2を採用しました。日本の伝統工芸である手漉き和紙と、シチズンの先端技術が融合することで、日本的な感性を持つシチズン独自のモデルに仕上がりました。
「The CITIZEN(ザ・シチズン)」 日本伝統工芸の手漉き和紙を文字板に採用したモデルが初登場
























管理人のひとこと
和を感じられていいですね!外国の人にウケそうですね。



『文字板に和紙を採用したザ・シチズン和紙文字板モデル「AQ4020-54Y/53Y」登場!!!』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2017/04/16(日) 08:26:00 ID:eaa99d4ee 返信

    竜頭ガードがださい

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2017/04/16(日) 09:00:17 ID:dd584b804 返信

    日光で紙が日焼けしそうだな