(略)セイコーウオッチの持株会社、セイコーHDの17年3月期の連結決算(日本会計基準)の売上高は前期比13%減の2571億円、営業利益は同44%減の74億円と大きく落ち込んだ。主力のウオッチ事業の売上高は1345億円で前期より299億円の減収、ウオッチ部門の営業利益は76億円と前期より51億円の減益だ。一時はインバウンド(訪日外国人)需要で潤ったが、インバウンド需要が後退。高級品が伸びず業績が悪化した。  20年の東京オリンピックのオフィシャルタイマー(公式時計)担当はスイスのオメガ社である。オリンピックで歴代もっとも多く採用されているのはオメガ社。東京オリンピック開催決定前からオメガ社に決まっていたが、世間はSEIKOブランドが輝きを失った出来事と受け止めた。
 (略)1970~80年代、「SEIKO」は「SONY」や「Canon」とともに、世界で最も輝いていた日本のブランドだった。「セイコーが名門オメガを買収する」といわれたのもこの頃だった。スイス政府の猛反対にあって結局、買収できなかったといわれている。セイコーの黄金時代だった。

引用元(続きはこちらから):「世界のSEIKO」失われた輝き…東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争 | ビジネスジャーナル













時計じかけの名無しさん
五輪記念モデルでも出して盛り上げてくださいな


時計じかけの名無しさん
オリンピックは権利関係ガチガチだからSEIKOがオリンピック或は五輪というワード、ロゴを使って記念モデルは出せない。


この記事もぜひ読んでみてください!
反逆のフラッグシップ? エプソン新ブランド「TRUME」 | ウォッチちゃんねる

SEIKO セイコー GrandSeiko グランドセイコー SBGX061
SEIKO WATCH(セイコーウォッチ)
売り上げランキング: 12,446