広告

ランドマスター・トランスポーラー、大場満郎氏の北極海単独徒歩横断成功を祝した記念モデル



海外掲示板の翻訳記事です。

ProteinCupcake
ここに掲載したのはオーバーホールしたばかりの40mmセイコー・ランドマスター「トランスポーラー」だ。これはセイコーにより、日本の冒険家大場満郎が1997年に(3回の失敗の後)北極点を単独踏破したことを記念するためにリリースされた限定版。1877個しか造られておらず、北極圏の地図が精巧にプリントされた素晴らしい青いダイヤルが特徴だ。時計全体がチタンで造られている。分厚い外観だけど信じられないほど軽い。ワンピースケースはキネティックムーブメントを内蔵し、パワーリザーブは6ヵ月、二時のところにバッテリーインジケーターボタンがある(双方向コンパスのベゼルのちょうど下)。時針は独立して調整でき、GMTの針は分針に連動している。僕はしっかり造られたユニークでレア、そして高くないGMTの時計が前から欲しかったが、この時計がその全てを満たす。


rattensaka
大場氏も実際に自分の探検にこれを装着して行ったのかな?


ProteinCupcake
記憶が正しければ大場氏はセラミックのランドマスターを探検に着けて行った。


RMK91
これはめっちゃかっこいいね。投稿ありがとう。


512165381
こういう昔のセイコーの方が新しいやつより好きだ。


fatbottomwyfe
セイコーのラインナップの中ではこれが僕も持ちたいと思うものだ。


gremolata
何て美しい時計だろう。


Supernaturlis
素晴らしい! チタンはどうやって傷から免れるのだろうか? 傷や汚れがシルバーステンレスより付きやすいと思う?


ProteinCupcake
20年前くらいの時計にしてはほとんど汚れがついていない。サンドブラスト仕上げがうまく行っているのかな。チタンってのは案外傷に強いみたいだよ。






kkocan72
本当にクールな時計だね。


toxicavenger70
気に入った。SBDX007と009も好きだが。


appa-ate-momo
ワンピースケースはキネティックムーブメントを内蔵し、パワーリザーブは6ヵ月・・・。待て待て。これは再充電無しで半年も動く機械式ムーブメントを内蔵しているってこと?


GMac_UK
キネティックとは自動巻きでゼンマイを巻くのではなく、普通クオーツで動きのエネルギーによって本体が動かされる度に自動的に発電や充電をする。


ThrowawaySergei
これは素晴らしい時計だね! 実際どうパワーリザーブが表示されるんだろう? 針が指し示すんだろうかと思っているが、写真がちょっと暗いところで撮られているのではっきりわからない。


gsroppsa
なんて素晴らしい時計なんだ! 頑丈そうな一方、北極のような青いダイヤルが素晴らしい!


関連記事
冒険家のためのアドベンチャーウォッチ セイコー プロスペックス「ランドマスター」


翻訳・引用元:[Seiko] Landmaster, the North Pole record watch


『ランドマスター・トランスポーラー、大場満郎氏の北極海単独徒歩横断成功を祝した記念モデル』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/05/26(土) 02:28:41 ID:014d06243 返信

    復刻しないかね。
    今のはほんとひどい。