広告

クレドール、「キャリバー6870」の誕生25 周年を記念し、「飛翔」をテーマに漆芸を駆使した限定モデルを発売



記事の要点

・クレドールから、世界最薄レベルの極薄機械式ムーブメント「キャリバー6870」の誕生25周年を記念した限定モデルを発売する。

・さらなるブランドの飛躍を、日本の伝統工芸である漆芸により表現。

・希望小売価格2,500,000 円+ 税、数量限定25 本、10月12日より全国のクレドール取扱店での販売。

高級ウオッチブランド<クレドール>より、極薄機械式ムーブメント「キャリバー6870」の誕生25 周年を記念し、「飛翔」をテーマに漆芸を駆使した限定モデルを発売

~翔け上がる鳳凰を、高蒔絵で雅に表現~

セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部真二、本社:東京都中央区)は、高級ウオッチブランド<クレドール>から、世界最薄レベルの極薄機械式ムーブメント「キャリバー6870」の誕生25周年を記念した限定モデルを発売いたします。さらなるブランドの飛躍を、日本の伝統工芸である漆芸により表現いたしました。希望小売価格2,500,000 円+ 税、数量限定25 本にて、2018 年10 月12 日(金)より全国の<クレドール>取扱店での販売です。

<クレドール>は、日本人の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチのブランドとして1974 年に誕生しました。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE D’ OR)」を意味するその名前に相応しく、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつに至るまで、厳選された素材に名工の技術を注ぎ込み、その美しさと品質を守り続けています。


≪商品の特徴≫

「飛翔」をテーマに風を切って翔け上がる鳳凰の姿を表現した限定モデル

・ 25 周年を迎えたキャリバー6870 の更なる飛躍を望み、古来より繁栄を願い描かれてきた鳳凰が大空へ翔け上がる姿を、ダイヤルに表現しました。煌びやかな螺鈿細工・蒔絵と、漆黒の漆塗りとが大胆にレイアウトされた特徴的なデザインです。世界的に名高い漆芸家・田村一舟(たむらいっしゅう)氏(※1)により、螺鈿と様々な蒔絵の技巧を組み合わせ完成させました。

・ 周年記念の「25」分(5 時)に位置する鳳凰と12 時位置のクレドールマークは、田村氏の真骨頂である高蒔絵(※2)で表現しています。緻密ながらも力強い立体感と雅やかな躍動感のある表情は、1枚1 枚丁寧に描かれています。

・ 鳳凰とともに翔け上がる風や雲を、細かく切った短冊状の螺鈿と微細な金・プラチナの蒔絵で描いています。一見長い直線に見える線状の蒔絵は、目を凝らすと金粉、プラチナ粉を一粒一粒丁寧に置いていった点の集合体となっており、今作のために田村氏自身が手作りした専用の筆を使用しています。螺鈿と蒔絵が美しく調和して平行に描かれるには、卓越した熟練技が求められます。

・ シースルーバックから見える美しいムーブメントは、初代キャリバー6870 と同様、華やかな金色のムーブメントを採用しています。また、裏ぶたには「Caliber 6870 25thAnniversary」と限定シリアルナンバーを刻印しました。

さりげなく漆芸を取り入れたモダンデザインのレギュラーモデル

漆芸の技をモダンな表情で見せることで、ビジネスシーンでもさりげなく個性を演出できるレギュラーモデルも、希望小売価格850,000 円+ 税にて、2018 年11 月9 日(金)より全国の<クレドール>取扱店にて発売されます。

・ 広大な大自然の中で星々がゆったりと流れるさまを、煌めく大小の螺鈿細工で6 時位置の小秒針部分に表現しました。小秒針の中心から外に向けて徐々に拡がっていくよう計算しながら、一つ一つ丁寧に貝片を配置しています。

・ 細くて長い12、3、9 時のインデックスは螺鈿細工、その他のインデックスと小秒針周りの4か所のマークは高蒔絵で描かれています。手描き蒔絵において、歪みのない美しい直線を描くことは最も難しい技の一つです。

・ ムーブメントは、極薄機械式ムーブメントの中から、小秒針つき「キャリバー6898」を搭載しています。

高級機械式時計にふさわしい極薄ムーブメント

・ 68 系ムーブメント(※3)は国産最高級ドレスウオッチのために、時計としての高精度のみならず、工芸的な価値や美しさを追求し、4 年の年月をかけ1969 年に誕生しました。厚さはわずか1.98mm(500 円玉程度)と極薄ながら、時計の実用的な機能性を高いレベルで確保した画期的なムーブメントとして、1970 年代よりクレドールおよびセイコーの多くの高級機械式時計に搭載されてきました。一時機械式時計開発を中断したのち、1993 年にクレドールの機械式時計の復活第一号となった際に開発されたのがキャリバー6870です。

・ 1.98mm という薄さゆえ、68 系ムーブメント搭載製品は、雫石高級時計工房(※4)において、高度な技能を有する時計師が一貫して組立・調整からケーシングまで手掛けています。ひとつひとつの部品の形状補正やアガキ(部品と部品の間に必要な隙間)調整には100 分の1mm 単位の精度が求められるため、時計師の手先の感覚のみで最終的な仕上げを行います。68 系は、一人の熟練時計師でも一日にわずか1 個から2 個しか組み立てられない、少量生産のムーブメントです

≪商 品≫
<クレドール>シグノ 螺鈿ダイヤル キャリバー6870 25周年記念限定モデル
<クレドール>シグノ 螺鈿ダイヤル レギュラーモデル

【共通商品仕様】
ガラス素材 : デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)
裏ぶた : サファイアガラス(シースルーバック)
防水性能 : 日常生活用防水
耐磁性能 : 耐磁時計(JIS 耐磁時計1 種)
ケースサイズ : 限定モデル(GBAQ958) [外径] 36.6mm [厚さ] 6.3mm
レギュラーモデル(GCBE993) [外径]37.0mm [厚さ]6.5mm
その他 : 専用BOX つき(限定モデルのみ)
アフターサービス : メーカー保証 保証期間2年間

【ムーブメント仕様】
限定モデル(GBAQ958) メカニカルムーブメント キャリバー6870
レギュラーモデル(GCBE993) メカニカルムーブメント キャリバー6898
巻上方式 : 手巻
時間精度 : 平均日差+25 秒~-15 秒
パワーリザーブ : 約37 時間
石数 : キャリバー6870:22 石/ キャリバー6898:26 石
振動数 : 21,600 振動/ 時(6 振動/ 秒)

(※1) 漆芸家 田村一舟(たむら いっしゅう)氏 1957 年(昭和32 年)生まれ。石川県金沢市在住。
清瀬一光師に師事し金沢に伝わる伝統蒔絵「加賀蒔絵」を習得後、世界に類を見ない独自の細密技法を生み出しました。漆器のみならず、加賀蒔絵をあしらった高級万年筆や腕時計を発表し、その極めて緻密な技術による精緻な美しさが、世界的に高い評価を受けています。

(※2) 高蒔絵
蒔絵技法のひとつ。漆で絵を盛り上げたうえに金粉を蒔きます。動いているか分からないほどのスピードで筆先のみをゆっくり動かして描くため、熟練の技と非常に高い集中力を要する高度な技法です。

(※3) 68 系(ろっぱちけい)ムーブメント
「68」で始まるキャリバーシリーズの総称です。

(※4) 雫石高級時計工房
盛岡セイコー工業株式会社(岩手県岩手郡雫石町)内にあり、部品製造から組立までを一貫して行っています。2004年設立の日本有数の高級機械式時計専門工房です。

紙誌面掲載時の一般のお客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株) お客様相談室 0120-061-012

セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
https://www.seikowatches.com

<クレドール>の公式Webサイトアドレス
https://www.credor.com

引用元:高級ウオッチブランド<クレドール>より、極薄機械式ムーブメント「キャリバー6870」の誕生25 周年を記念し、「飛翔」をテーマに漆芸を駆使した限定モデルを発売






『クレドール、「キャリバー6870」の誕生25 周年を記念し、「飛翔」をテーマに漆芸を駆使した限定モデルを発売』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/08/02(木) 20:48:40 ID:29adff9b0 返信

    朝鮮人デザイナーのデザインといわれ続けたノードの時代と比べると
    加齢臭が封入されてそうなものばかり作るようになった感がある
    経営者が老人なんだろうけど、バブル然とした業態に逆戻りして残念

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/08/02(木) 21:55:03 ID:39dacb387 返信

    なんでこんなダサい鳥飛ばしちゃうんや
    GSの秋元康プロデュースモデルといいほんま残念やわ

  3. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/08/03(金) 00:16:07 ID:407787b0f 返信

    うーん、ダサいw
    何でセイコーはこんなにもデザインがダメダメなのか…
    いくらムーブメントが良くてもデザインがこれではスイスに
    追いつける訳がない。

  4. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/08/03(金) 01:15:26 ID:2d2fb57bf 返信

    うん、ホントにダサいw
    真っ黒にしてくれたらいいのに。
    なんかもうセンスが時代遅れって感じ。演歌とか聴きながらデザインしてそう。
    まあ定年退職して金余ってる高齢者層をターゲットにしてるのかもしれないけど。
    叡知はいいけどね。

  5. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/08/03(金) 02:20:28 ID:a37d9a0a3 返信

    国産のデザインはやっぱ駄目だね
    浪漫や洒落っ気がなくて惹かれない

  6. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/08/03(金) 05:38:39 ID:fd990f58d 返信

    プレザージュはかっこいいじゃん