広告




【オメガ】ヴィンテージのシーマスター600を買った





時計じかけの名無しさん

これは手巻きのオメガ シーマスター600。ローズゴールド、ref136.011、オックスブラッドのストラップ付き。おそらくシーマスター600とジュネーブの間の移行モデルで、同じリファレンスナンバーを持つ文字盤のバリエーションがある。いずれにせよ、完全に完璧というわけではなく、何年か前にリフィニッシュ/リファビッシュされ、リューズは摩耗しているけど、俺はこの時計が本当に大好きで、俺にとって初めてのヴィンテージウォッチ。
ケースの直径は~34mmと小さいと感じる人もいるけど、俺の手首(6.75インチ)にはとてもぴったりだと思う。俺の好みは34~40mm。

手首に巻いた動画


俺は大学生で、現在これとTIMEX マーリンとプレゼンでもらったmvmtを持ってる。今はタンクソロともう一つ他の時計を買おうと思ってる。まだ決めていないけど(グランドセイコー/レベルソまたはグラスヒュッテオリジナル パノを考えてる)、何であれ卒業前にマイルストーンとして自分への贈り物で買うつもりだ。
見てくれてありがとう!


時計じかけの名無しさん
君は素晴らしい腕時計でコレクションを始めたね。マーリンはオリジナル?それとも再発売のもの?



時計じかけの名無しさん
ヴィンテージを手に入れたいけど、再販売されたやつだよ。


時計じかけの名無しさん
このミニマリスト的なスタイルは復活しなくちゃいけない。少なくとも俺が知っている限りでは、こういうのを作っているブランドはほとんどない、特に自動巻きのものでは。
思いつくのはオリエントのバンビーノだけだ。



時計じかけの名無しさん
サーチナ DS-8やハミルトンのイントラマティクが思い浮かぶよ。他にもたくさんある。
ここでの大きな違いはサイズだろう、業界は一般的に大型の腕時計に移行しているから、同じようなスタイルのモダンな34mmのドレスウォッチを見つけるのは価格が難しいかもしれない。


時計じかけの名無しさん
めっちゃ多くのブランドがこんな感じのシンプルなドレスウォッチを出してるよ。


時計じかけの名無しさん
60年代に似たような腕時計を作ってたブランドは何百もあるけど、こんな厳格なスタイルの腕時計は、新品が欲しいならすごく珍しいよ。
今だとは手巻き34mmマックスビルだったり、ノモス33mmタンジェントがあるね。タイメックス マーリンも忘れられない。この3つを除いて、ヴィンテージドレスウォッチのようなモダンな腕時計は本当に知らない。(追記:ロンジンに35mmのオートマチックドレスウォッチがいくつかあることを思い出した)
これは悪くないよ、ヴィンテージの時計は整備されていれば現代の時計と同じように機能するよ。



時計じかけの名無しさん
美しい時計だね!



時計じかけの名無しさん
素晴らしい選択だね、この美しい時計の値段はいくら?


時計じかけの名無しさん
俺はこれを300ドルで購入したよ。少しリスクがあるけど、すべてうまくいったよ


時計じかけの名無しさん
最高のシーマスターだね


時計じかけの名無しさん
いい時計だね!俺のヴィンテージシーマスターも載せとくよ


時計じかけの名無しさん
いいね!俺の1960年代のシーマスターだよ


時計じかけの名無しさん
ブレスレットがいいね!


時計じかけの名無しさん
すばらしい腕時計だね。
誰か、シーマスターの歴史を知ってる?腕時計がドレッシーなものから、より「ツール」 /スポーツウォッチなデザインに移行したのはいつだろう?


時計じかけの名無しさん
ロレックスがサブマリーナーを発表したほぼ同時期じゃないかと思う



時計じかけの名無しさん
この美しい時計が再発売されることを願ってるよ。この掲示板で毎日少なくとも10回見られるやつより、俺はこれの方がずっと好きだな。


時計じかけの名無しさん
俺は、この時代の時計が大好きだ。シンプルでクリーン。美しい!


時計じかけの名無しさん
本当に素晴らしい!これが俺の69年のシーマスター600❤



関連記事

オメガ シーマスター、世界の海を一緒に回って19年の思い出いっぱいの時計

管理人より

「コーヒーと時計を一緒に写した写真を募集してみては」という要望を頂きました。もし投稿してみたいという方がいれば下記のメールアドレスにご連絡ください。皆さんのご投稿お待ちしてます!
※コーヒーが苦手という方は、紅茶やお茶などでもOKです。

※写真に位置情報が含まれていないかご確認ください。設定方法が分からない方はその旨を記載していただければこちらで削除してから掲載いたします。

連絡先:watch_times@yahoo.co.jp

今までの記事
コーヒーと時計を一緒に撮影~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その2~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その3~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その4~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その5~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その6~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その7~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その8~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その9~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その10~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その11~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その12~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その13~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その14~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その15~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その16~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その17~読者投稿記事~
コーヒーと時計を一緒に撮影 その18~読者投稿記事~




翻訳・引用元:[Omega] A bit different from the Seamasters of today