広告

最前線に投入され続けるドイツのミリタリーウォッチ「チュチマ」



ドイツのミリタリーウォッチといえば、真っ先に思い浮かべられるブランドはジンであるという人も多いでしょう。しかし、ジンと同等以上にパイロットから厚い信頼を受け、現在も軍の最前線に投入されている腕時計があります。それがチュチマです。

チュチマの歴史は古く、1845年「ドイツ時計産業の父」とも称されるフェルナンド・アドルフ・ランゲ氏がドイツのグラスヒュッテに時計工房を設立したのが祖であるといわれており、ランゲ&ゾーネやグラスヒュッテ、ノモスといったグラスヒュッテ発祥の時計たちと兄弟のような関係ともいえます。しかし、現在のチュチマは創業当時のチュチマとは別物である、という見方があるのも事実です。それほどこのブランドは紆余曲折を経て、現在に至ります。






チュチマの歴史 

チュチマの前身は1845年にドイツグラスヒュッテで誕生しました。しかし正確には、ランゲが町興しで始めた腕時計産業がやがて成長をつづけ、ランゲ&ゾーネをはじめとしたお馴染みのブランドが誕生していくなかで、 グラスヒュッテ社の1つのラインナップとして誕生したのがチュチマです。ラテン語で「精密」を意味する言葉を冠したこの腕時計は、ここから激動の時代を迎えることになります。 
  

現チュチマの前身である、当時のグラスヒュッテ社の腕時計から「チュチマ」の名前が誕生するのは1926年からです。当時、ドイツの腕時計業界は大掛かりな分裂、合併を繰り広げており、グラスヒュッテ社も例外ではありませんでした。その時、その合併の指揮をとっていたのがドクタークルツ氏という人物です。そしてこのクルツ氏によって生まれた腕時計がチュチマといわれています。

そのため、現在のチュチマ社は、このクルツ氏がチュチマの礎を作った人物であるという立場をとっています。そのため、前述したように過去のチュチマと現在のチュチマは別物である、という声も挙がっているのです。

ドイツ腕時計の激動の時期

ドイツ腕時計業界はご存知の通り、過酷な戦争により存亡の危機を迎えます。第二次世界大戦当時、チュチマはドイツ第三帝国軍の正式ウォッチとして採用されていました。しかし戦火によりグラスヒュッテは壊滅的打撃を受け、敗戦後はチュチマを擁するグラスヒュッテ社は東ドイツの国営企業として接収されます。

そして1948年、クルツ氏が西ドイツに亡命、そして彼の死後、1960年に現在の「チュチマ社」が誕生し、現在に至ります。

チュチマの代表モデル

チュチマを代表するモデルが、現在もドイツ空軍やNATO空軍が採用している「チュチマ ミリタリークロノグラフ760-02」です。このモデルは、パイロットの過酷な環境に対応するべく設計されており、高度1万5000メートルに耐え、本体の素材も耐食、堅牢、軽量を兼ね備えたピュアチタンを採用しています。

ムーブメントには現在供給中止となっているレマニア5100が唯一採用されているモデルであり、NATO軍の正式採用モデルであることから「NATOクロノ」の愛称で呼ばれています。

dc2219b6918ac65a10f9d1163a1616ab--mechanical-watch-nato
by: TUTIMA WATCHES

ドイツ腕時計の魅力は尽きない

スイス腕時計とはまた違う歴史を紡いできたドイツ腕時計は、まさに質実剛健という言葉がふさわしく、洗練されたデザイン、強固な耐久性は見る者、装着する者の心を躍らせます。これから長い年月をかけ、ドイツ腕時計がどのように進化していくのかが非常に楽しみです。










\ SNSにシェアしませんか? /