タグ・ホイヤーブランドは高い人気を誇るスイス時計ブランドで、高い実用性と美しいデザインセンスを合わせ持つ一流ウォッチです。

世界の一流アスリートにも愛用されるタグ・ホイヤーの腕時計は1860年エドワード・ホイヤー氏によって作られました。

創業当時はスイス・サンティエに初の時計工房を設立させたのがホイヤー時計の原点です。

ホイヤー氏は現在でも使用されているクロノグラフの主要部品、振動ピ二オン(キューデート)を1887年に発明しました。

1916年には100分の1秒の計測を可能にするマイクログラフを完成させ、ストップウォッチ業界に革命を起こします。

その後、プロドライバーの為に特別デザインされた初めてのクロノグラフを採用したロングセラーモデル”カレラ”が登場 1969年には他社と共同開発により世界初、自動巻きクロノグラフムーブメント”クロノマティック・キャリーバー11”を登場させます。

ホイヤー社はクォーツショックを受け経営難に陥り1985年にTAGグループの資金援助を受け、現在のタグ・ホイヤー社の社名になります。




タグ・ホイヤーの腕時計の魅力とは

1、振動ピ二オンの開発に成功した腕時計メーカー

2、実用性高い高精度時計の製造

3、タグ・ホイヤーの時計はスピードにこだわる

4、高いデザイン性とモータースポーツとの結びつき

上記のタグ・ホイヤーブランドの腕時計の凄さが世界中のアスリートや人々を魅了させています。


タグ・ホイヤーブランドの腕時計は

タグ・ホイヤーブランドが製作する腕時計は高精度の時計で実用性がありオリンピックやF1、インディカーレースなど様々なスポーツ競技で公式時計を務めています。

タグ・ホイヤーブランドは多くの愛好家を魅了させる腕時計を作り多彩に展開をしている企業です。

スイスの時計メーカーでもタグ・ホイヤーほど、スピードにこだわっているブランドは他にありません。

1887年に開発されたクロノグラフの起動により高速化を実現させ、1916年に登場した100分の1秒の精度を誇る世界初、スポーツ用ストップウォッチ”マイクログラフ”は時計革命になりました。

世界初、自動巻きクロノグラフムーブメントを開発した以降もタグ・ホイヤーのこだわりは止まれず、2011年にはスイス時計の歴史上初の1000分の1秒単位の測定と表示を可能にする機械式クロノグラフ”マイクロタイマーフライング1000”を登場させます。

スイス時計の常識を覆したタグ・ホイヤーブランドの腕時計は時計業界初のアカデミー賞と言われるジュネーブ・ウォッチ・グランプリ、スポーツ部門ウォッチ・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2012年には1000分の5秒の計測を可能にした”マイクロガーダー10000”を発表させヒゲゼンマイを廃止して「ガーダーシステム」と呼ばれる調速機構の線形振動子を採用した腕時計です。

タグ・ホイヤーブランドの腕時計は高精度化させ信頼性は数多くのスポーツ公式採用で実績を作っています。

世界中で人気を誇るF1レーサー・アイルトン・セナを始め日本人ドライバー片山右京やキミ・ライコネンなど名を冠したモデルも発表され愛用されています。