この記事では愛用している時計について、思い入れや魅力について書いて頂きました。

私の愛用している時計の中に一本大切な時計があります。それはオメガのシーマスタープロフェッショナル。

婚約の時に婚約指輪の代わりにもらいました。私は結婚式も、指輪も、新婚旅行もしない、いわゆるナシナシ婚なので、これが夫からもらった唯一の結婚記念品です。

とはいっても最新型ではなくて、文字盤に波模様が入っているパターンになります。サイズもレディースサイズです。

オメガといえばこのシーマスターをイメージする方も多いのではないでしょうか。見たことある!って方も多いかと思います。

シーマスタープロフェッショナルにはいくつか種類があるのですが、私のは本当に定番のシーマスタープロフェッショナルです。

そして自動巻ではなく、クォーツになります。

自動巻はオーバーホールをこまめにしなければならないので、私はこのシーマスターについてはクォーツの方が楽で気に入ってます。

IMG_2082

実は、のはなし

実は、このシーマスタープロフェッショナル、元々私のために買ってくれたものではなかったのです。

昔、夫が他の女性に贈ろうとして購入したものの、プロポーズを断られて、しまいこんでたといういわく付き(?)の時計なのです。

友人からは元カノへのプレゼントなんて嫌だ~などと散々言われましたが、時計には罪がないと思ったのでそのまま使っています。せっかくの初オメガでしたし、ちょうど日常使いにいいなと思って。今ではもう半分くらい自分の体といってもいいくらい自然に馴染んでいます。


大切にする気持ちを持って

シーマスターをつけて接客業をしていた時、褒められることがありました。あなたいい時計してますね、と。

お客様にとっては、このブルーの文字盤がお気に召したそうで、じっくりと観察されました。

ちょっと恥ずかしいような、照れくさい気持ちだったのを今でも覚えています。

褒められ慣れてなかったのでびっくりしましたが、今ではもういい思い出です。


シーンを選ばないオメガ

オメガは本当に使いやすくて、カジュアル、スポーティー、少しフォーマルでも使えます。

それほど主張するタイプではないのでドラマチックな使い方はできないですけれども、逆に洋服を選ばないので使いやすいです。私はこのシーマスターがとても好きです。

傷だらけになっても、おばあちゃんになっても使い続けたいと思います。代々引き継いでいけるかどうかはわかりませんが、残して行きたい時計です。







\ SNSにシェアしませんか? /