2017年春、故スティーブ・ジョブズ愛用のセイコー・シャリオが復刻販売されました。

本物はオークションで480万円で落札され、それで急に知られるようになり、復刻されたようです。

黒のケースに白文字盤、シンプルを極めたウォッチ、なるほど、ジョブズ氏らしい好みでも、腕時計好きが思い浮かべる「シャリオ」とは、ちょっと違う。

シャリオというと、角形に色文字盤、いかにも70年代といった機械式ドレスウォッチでしょう。 

これはまさに、シャリオが、機械式からクォーツへの転換期をまたいだモデルだったからです。

image-3-e1456018161153
by:http://iphone-mania.jp/


クォーツが普及した70年代のSEIKOそして日本の腕時計は、同時に機械式が頂点に達した時代でした。

 

クォーツが登場したとはいえ、同じぐらいの価格で、今より安く、国産機械式時計が買える素敵な時代でもありました。

 

たまにオークションに出る、デッドストックのシャリオには「23000円」といった値札がついています。今だと3、4万でしょうか。

 

機械式のシャリオは、女性用をベースにしたcal2220ムーブメントが積まれています。

 

日付や自動巻きや秒針を省いた2針式の小さなムーブ、とは言っても高級機まで積まれた8振動ですが、ケース中央にハメ込み、周囲はさらに薄く、機械式とは思えない薄さと軽さです。

 今だと、スウォッチが金属製で手巻きになったような感じですね。
 

私もシャリオを10年近く使っていました。毎日半分巻くだけで、時刻合わせが全く要らない、好い時計でした。

 

こんな物が、毎晩7時にCM流してバンバン売れてたんですから。

 

大衆的なお洒落時計といった位置づけだったシャリオ、そのままクォーツ化されていくわけです。

 

そして、80年代に入り、70年代の角形・色文字盤の反動で、シンプルになったのがジョブズモデル。

 

セイコーブランドは廉価版を切り離していくので、ジョブズモデルは「アルバのリキ・ワタナベ」あたりの先祖かもしれません。

 

天才エピソードに事欠かないジョブズ氏ですが、こういう人はしばしば「身体をしめつけられる」感じを嫌いますね。

 

彼が愛したシンプルなセーターと、セイコーシャリオは同じだったのでしょう。

 

もう少し後の年代に生まれていたら、スウォッチのSKINか、カシオのペラに走っていたかも(シンプルなデザインがあれば)。

 

有名人の腕時計を検索してみたら、ジョブズ以外でシャリオを愛用していたのは蛭子能収氏ただ1人でした。
img_top_watch01
by:Seiko nano・universe Limited Collection


ライター:馬場重郎


関連記事