広告

高級時計ブランド「ウブロ」の歴史や人気モデル!



HUBLOT(ウブロ)について

ウブロはスイス ニヨンで創立しました。イタリアの時計・宝石メーカーの創業者が興したブランドなので、メカニカルというよりもファッション寄りなのは創業当時からです。ウブロは当時タブーといわれたラバーストラップを採用したり、二つの素材を組み合わせてつくる斬新さであったりとにかく時計ブランドらしくない動きをする珍しいブランドでした。

ウブロとは航窓のことで文字盤がまるで航窓のように見えるビス留めベゼルを採用しています。そうしたデザインアイデンティや新作が世界のセレブ達に認められ、今ではフェラーリや革製品で有名なベルルッティとコラボするなど単なる時計メーカーとは違う形で新作を発表し、私たちを愉しませてくれます。


HUBLOT(ウブロ)の歴史

ウブロの歴史は決して平坦なものではありませんでした。創業間もなくそれまで採用されることのなかったステンレスケース×ラバーベルトによって発表したモデルがイタリアのファッション界で受け入れられました。ヨーロッパの王族にまで指示を広げていったウブロですが、クオーツモデルに絞って製作していたこととラバーベルトの問題から経営難に陥りました。しかしブランパンの再興を手掛けた“ジャン・クロード・ビバー”氏がCEOに就き機械式時計を発表。異素材を組み合わせた『フュージョン』とビッグサイズクロノグラフの『ビッグバン』は現在でも人気のモデルです。

HUBLOT ウブロ ビッグバン 301.PB.131.RX [並行輸入品]
HUBLOT ウブロ
売り上げランキング: 200,015


人気モデルをピックアップ

特に人気の高いモデルはビッグバンとクラシックフュージョンです。『大型・クロノグラフ・迫力』といったキーワードにピンとくるならビッグバンがおすすめです。ほとんどのモデルがクロノグラフでそれもあって厚みも大きさもかなりのもの。時計を着けているインパクト、迫力があって着けてて楽しいモデルです。

クラシックフュージョンは『シンプル・ラグジュアリー・上品さ』にしっくりくる方はクラシックフュージョンがおすすめです。ビッグバンに比べると小振りですがシンプルながら均整のとれたデザインバランスは目を惹きます。どちらかといえばラグジュアリーウォッチで上品さを求めるならクラシックフュージョンのほうが適しています。

男性的で世界的人気のスポーツウォッチといった流れを汲んだビッグバンと初代クラシックのDNAを継ぎラグジュアリーウォッチとしてスーツやドレスのようにエレガントな着用感をとったクラシックフュージョンの2本が現在のウブロの人気モデルです。

関連記事

くりぃむしちゅー有田哲平さんが着用している腕時計「ウブロ ビッグバン」