働く人への最強のアイテム

ATTESA(アテッサ)は日本の時計企業であるシチズン時計が出している、デザイン・機能・利便性を兼ね備えた日本の技術力があってこそ誕生した時計になります。

電池交換が不要なソーラー機能『エコ・ドライブ』、電波塔から定期的に電波を受信し、自動的にいつでも正確な時刻と日付を示す『電波機能』、加工が非常に難しい”チタニウム”を使用しステンレスの約40%の重さを実現した『スーパーチタニウム』、ステンレスの5倍の硬度を誇る表面硬化技術『デュラテクト』。これらがほぼすべてのモデルに搭載されており、利便性と美しさが抜群のATTESA(アテッサ)。これだけの、機能がありながら、価格も約5万円~約20万円で手に入るという良心さです。そして、1回手に入れてしまえば電池交換(定期的な電池交換は必要ないですが寿命はあります)も時刻合わせもいらない、軽くて・丈夫な時計は日々のビジネスに活躍すること間違いなしです。


ATTESA(アテッサ)のテクノロジー

ATTESA(アテッサ)には上記で触れたように様々な機能がありますが、まず前提としどれも非常に技術力を要するものであり、日本のシチズン時計だからこそ実現できたものなのです。


『エコ・ドライブ』

エコ・ドライブは太陽光ではもちろん室内のわずかな光でも電気に変えて時計を動かしているので朝、急に時計が止まっていて慌てる、といった心配は全くありません。


『電波機能』

誤差は10万年に1秒とされる原子時計をもとに送信される電波を受信し自動で時刻と日付をあわせてくれます。通常の時計ですとだいたい月に数十秒のずれは出てきてしまいますし、月によっては自分自身で日付合わせが必要ですがATTESA(アテッサ)にはそんなズレや煩わしさはありません。


『スーパーチタニウム』・『デュラテクト』

聞きなれない単語かもしれませんが、これこそATTESA(アテッサ)に搭載されている革新的な機能です。上記にあるように通常の時計に使用されているステンレスと比較して5倍以上の硬さを実現し、重さも約40%も軽量化されているので腕につけていることを忘れてしまうくらい着け心地がいいです。また、金属アレルギーの原因となる物質も含まれていないので肌に優しく、耐摩耗性にも優れているので、非常にキズ付きにくいのが特徴です。そのため、いつまでも綺麗な状態で使うことができます。


ATTESA(アテッサ)のデザイン

ここまで、機能を中心に説明してきましたが、ATTESA(アテッサ)はデザインにも非常にこだわっています。


『シャープなケース』

異なる仕上げの面をを組み合わせて光の陰影を表現し、本来は柔らかくて加工のしにくいチタニウムを1つ1つ磨き上げることで、ケース・ラグ部分のシャープさを実現しています。


『細部へのこだわりとフィット感』

フィット感の大部分を担う、時計のブレスレット部分の小さいパーツを一つひとつ丁寧に磨き、組み立てることで、高級感漂う佇まいと美しさを実現させています。


『豊かな表情』

シャープな面構成、立体的なケース、面によって異なる仕上げがなされた時計バンド。それぞれが光を受けることで、上品なコントラストを生み出し細部まで美しさを追究したデザインをうかがうことができます。


持っていて絶対に損のない時計

ATTESA(アテッサ)はビジネスシーンはもちろん、冠婚葬祭など突如あらわれるフォーマルなシーンにでもすぐに対応できる機能や使いやすさを持っています。1本持っていれば、何もしなくてもいい完璧な時計が欲しいと思っている方や普段は違う時計を愛用しているが付け替えの時計が欲しい、いざというときに使える時計があったら便利と考えている方、様々な方がいらっしゃると思いますがATTESA(アテッサ)はそれらの期待を決して裏切ることはないと断言できます。なぜなら、ここまで利便性と美しさを追究した時計はないからです。







\ SNSにシェアしませんか? /