広告

シチズン カンパノラの魅力とは?宙空の美を表現する腕時計



腕時計とは不思議な道具です。持つ人の理由により、その存在意義は変化します。ある人にとっては時間をみるだけの道具。ある人にとっては自らを鼓舞する武器。そしてある人にとっては他者との差別化。

多種多様な腕時計があり、持つ人の考えで役割を変える腕時計ですが、製作者たちの強い想いが込められているのも、腕時計の1つの魅力であり、物語をより深くします。


「宙空の美」というスケール

「宙空の美」という、圧倒的なスケールの想いをこめた腕時計が存在します。その腕時計を一本制作するのに、何十人もの人が関わり、針の一本にも職人の手による磨きが施されているという、腕時計という枠を超えて芸術品ともいえる存在。

「カンパノラ」

シチズンが提供する、小さな世界に壮大な宇宙を閉じ込めた作品です。

カンパノラのコンセプト

カンパノラは、シチズン社の高級ブランドです。先述したように「宙空の美」という、宇宙をモチーフとした腕時計。

手に取る人全てが、その作り込みの繊細さに驚きます。それもそのはずで、カンパノラはパーツの一つ一つが、職人による手作業で仕上げられています。

そのため、ケースなども一日に決まった数しか生産できません。それゆえ、希少価値も高く、価格も高額です。しかし、海外ブランドであれば3ケタは超えるはずの価格を、2ケタ台で抑えています。カンパノラのコストパフォーマンスは最高級といっても過言ではないでしょう。

カンパノラのこだわりを紹介

ここでは、カンパノラのこだわり、そして「宙空の美」を形成するパーツ類を紹介していきます。

ムーブメント

高級腕時計は機械式。と考えられているかたも多いはずです。しかし、カンパノラは基本的にクオーツを採用しています。近年はスイスのラ・ジュー・ペレ社製の機械式ムーブメントも採用していますが、カンパノラは「クオーツ式高級腕時計」というイメージがまだ強いようです。

そして、カンパノラのクオーツムーブメントは、機械式ムーブメント並みに、一つ一つが職人の手によって精巧に組み上げられています。

また、カンパノラは、普段は目にしないはずのムーブメントにも、宝飾品のような美しさを持たせているのが特徴です。もし、カンパノラのムーブメントを目にする機会があった場合、あなたは間違いなく感嘆の声をあげるでしょう。

文字盤

カンパノラの表情を彩る文字盤。文字盤には、日本の伝統工芸である漆塗りが施されています。壮大な宇宙を表現する日本の伝統工芸という、この絶妙な組み合わせに、腕時計フリークは鼓動が早まるに違いありません。

20151021_01
by: CITIZEN

ケース

カンパノラのケースは、人間工学を熟知しているかのような着け心地をもたらします。絶妙な人間の手首の形を想定し、職人が一つ一つ手作りで制作しています。そのため、決められた数しか製造できないのですが、その分、カンパノラを初めて装着したときの感動は言葉に表せません。

ベルト

カンパノラのクオリティ追求は徹底しており、ベルトにも一切の妥協はありません。

カンパノラに採用されているベルトは、ワニ皮でもっとも希少とされているスモールクロコダイルの皮。それも「竹斑」(たけふ)とよばれる腹の一部分のみを、職人が丁寧に仕上げています。

カンパノラのラインナップ

カンパノラのテーマである「宙空の美」ここでは、その宇宙という壮大なスケールを詰め込んだ、カンパノラのラインナップを紹介していきます。

メカニカルコレクション

ラ・ジュー・ペレ社の機械式ムーブメントを採用した機械式モデル。スイスの技術と日本の伝統をコラボさせた、カンパノラの新しい歴史を刻む腕時計です。


コンプリケーション

時間を音で知らせるミニッツリピーターを搭載。時を奏でる音は、水滴が奏でる透明感のある音と称されています。

テクノロジーと和を融合させた一品です。

コスモサイン

カンパノラのテーマを強く表現しているモデルがこのコスモサインです。「壮大な宇宙を閉じ込めたい」というイメージで制作されたコスモモデルは、たとえ何処にいても、全ての故郷である宇宙を身近に感じることができます。

カンパノラを語るうえで欠かせないモデルといえます。

エコドライブ

シチズンといえばエコドライブを想像する人もいるはずです。カンパノラにもこのエコドライブは採用されています。

自然と技術と和を詰め込んだ、小さな最新テクノロジーを味わえます。

ムーンフェイズ

エコドライブは太陽。そしてムーンフェイズは月。両方とも地球には欠かせない存在です。そして時を楽しむことは、月の満ち欠けを楽しむことです。

ムーンフェイズを身につけることで、今宵の月を確認し、時間の流れを楽しむこともまた一興です。

時を楽しむ時計。それがカンパノラ

腕時計を装着する理由は人それぞれです。しかし、腕時計をただの時間をみる道具として捉えるのではなく、時の流れも楽しむことができる道具として捉えてみると、腕時計を選択するときの基準も変わります。

そして、その時の流れを楽しめる腕時計。それがカンパノラ。

「宙空の美」を手元で感じてみませんか?

関連記事

シチズン アテッサは社会人におすすめの最強腕時計!




『シチズン カンパノラの魅力とは?宙空の美を表現する腕時計』へのコメント

  1. 名前:時計じかけの名無しのけん 投稿日:2018/03/05(月) 00:18:53 ID:dc3f5aa75 返信

    クオーツかぁ、それもいいのかな

  2. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 00:29:16 ID:3e5cc125b 返信

    ブローバのプレシジョニストクオーツのスイープ秒針で出せばいいのに。こんな高い時計なのになぜ劣ったムーブメントを使うのだろうか?買った人はがっかりするだろう。

  3. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 01:42:54 ID:622b39af2 返信

    ※2
    おなじグループとはいえブローバは違う会社でスイープ秒針はブローバの特色だからじゃないかな?
    加えてメカニカルシリーズもあるんだからスイープ秒針があったらそちらの売り上げに影響もでかねないしね

  4. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 05:27:32 ID:390950168 返信

    オーバーホール代で死にそう

  5. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 11:29:04 ID:94b0314fd 返信

    この程度のオーバーホール代で死ぬヤツはそもそもこういう時計買うのが間違いやろ。
    チプカシ買っとけ。

  6. 名前:時計じかけの洋司さん 投稿日:2018/03/05(月) 11:55:01 ID:44d6b2f1c 返信

    総帥が持ってたけど、カンパノラのオーバーホール代は10万だったかな?

  7. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 12:28:36 ID:80deec977 返信

    30万程度のクォーツ時計に3年ごと10万は相当な好事家でもないと続かない

  8. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 12:50:56 ID:4fe05db75 返信

    ※7
    クォーツが3年毎の整備…?

  9. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 12:53:40 ID:4fe05db75 返信

    クォーツでも7~10年でのオーバーホールは必要だね
    まぁカンパノラ着けてアウトドアなんて人はいないだろうから、大切に着けてセルフメンテナンスを怠らなければそんなにかかんないんじゃないかな
    OH10万はカンパノラでも上の方のを雑に扱ってなきゃそこまでは…

  10. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 13:08:44 ID:80deec977 返信

    ※7
    クォーツが3年毎の整備…?
    いや、デジタルじゃない限りこの手のクォーツも機械で物理的に動かしてるから
    変わらないでしょ。
    それに機械式ならローテでたまに動かしたり負担を抑えられるけど、
    クォーツは動かしっぱなしだしね。
    俺のJLのクォーツも3〜4年毎にOH出してるよ。

  11. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/03/05(月) 14:35:59 ID:4fe05db75 返信

    ※10
    JLのメンテをその頻度だとだいぶかかるな
    大事にしてるんだね

  12. 名前:時計じかけの名無しさん 投稿日:2018/07/28(土) 17:31:35 ID:0ffb54461 返信

    3萬5千円也