ウォッチちゃんねる独自記事一覧

ドイツ腕時計 ~宗教と戦争に翻弄された歴史と技術~

腕時計といえばスイス。それは誰も疑うことができない事実です。 世界5大腕時計もスイス腕時計がその殆どを占めています。 しかし、その中で唯一、スイス製ではない腕時計。「ランゲ&ゾーネ」 「ランゲとその息子たち」という意味を持つこの腕時計メーカーだけが、スイスの高級腕時計メーカーと肩を並べることを許されています。 しかし、スイス腕時計がここまで発展できたのは、実はドイツのおかげでもありました。

エレガントなデザインのイタリアンウォッチ Filippo Loreti(フィリッポ・ロレッティ)

イタリア製の時計として、各国のバイヤーからの評価も高い高級ブランド・フィリッポロレッティ。直販売もしているため、手軽に購入できるとこでも人気があります。男性向けの時計としてイタリアンウォッチを試して見たい方にもオススメです。

フランスが誇る時計ブランド Dodane(ドダーヌ)

フランス時計の聖地として知られるブサンソンから、約80キロほど離れたDoubs地区にDodaneの時計製作所があります。近年、ブザンソンは歴史的に重要なブランドを復活させることで、町に盛り上がりを見せているため、最高の時計製作を再現して始めています。その中でもDodaneのブランドは、1857年に創立されてから、もともとはパイロットウォッチのメーカー、特に軍用のフライバッククロノグラフのメーカーとして知られていました。

腕時計と戦争 ~技術の革新は戦場から生まれた~

技術の革新と変化はいつ生まれるのでしょうか?産業革命後、人類は爆発的に技術の革新を進めていきました。産業革命が人類に与えたものは豊かさだけでしょうか? 産業革命は確かに豊かさを人類に与えました。しかしそれと同時に、あくなき欲望を人間に与えました。そしてその欲望を満たすための力を与えました。 世界は支配する側、される側に別れ、世界中で争いが始まりました。 技術は争いの中で進化を遂げていきます。そしてそれは腕時計も同じです。時計はなぜ腕時計になったのか?そして今後、腕時計はどのような役割を果たすのでしょうか?

スイスのアバンギャルドな時計メーカー タグ・ホイヤーの魅力を解説

タグ・ホイヤーブランドは高い人気を誇るスイス時計ブランドで、高い実用性と美しいデザインセンスを合わせ持つ一流ウォッチです。 世界の一流アスリートにも愛用されるタグ・ホイヤーの腕時計は1860年エドワード・ホイヤー氏によって作られました。 創業当時はスイス・サンティエに初の時計工房を設立させたのがホイヤー時計の原点です。